ニュース

  • 全て

  • お知らせ

  • 出版・メディア
    掲載情報

出版情報

「すらすら図解 減価償却のしくみ」が発売されました

会計・税務や経営、法律の専門書籍で絶大な支持を集める中央経済社の「すらすら図解」シリーズに、CSアカウンティングのメンバーが執筆した1冊が加わりました。テーマは経理業務で避けて通ることのできない減価償却について。近年においては税制改正のたびに見直しが行われており、もはや過去の知識のままでは通用しません。そこで会計と税務の面から網羅的に解説したのが本書です。是非一度お手に取っていただけますと幸いです。   主要目次 第1章 減価償却の意義 第2章 固定資産とは 第3章 固定資産の取得価額 第4章 耐用年数と減価償却の計算方法 第5章 減価償却の開始・終了・変更と表示 第6章 減価償却の特殊論点① 第7章 減価償却の特殊論点② 第8章 減価償却におけるその他の税務論点   著者:CSアカウンティング株式会社 専務取締役 公認会計士・税理士 中尾篤史 取締役 税理士 平野真理子 取締役 税理士 東山恵里香 経理管理第一部 部長 松野亮 経理管理第三部 部長 税理士 新井貴雄 経理管理第一部 副部長 税理士 葛西長 経理管理第二部 副部長 税理士 菅谷隆正 経理管理第一部 グループリーダー 税理士 波多野勇作 経理管理第二部 グループリーダー 田中秀徳 経理管理第三部 グループリーダー 皆川俊介 経理管理第五部 グループリーダー 公認会計士 鈴木真都佳 ...

メディア掲載情報

働く女性のためのサイト「ウーマンキャリア」にインタビュー記事が掲載されました

転職エージェントのパソナキャリアが運営する 働く女性のためのサイト【ウーマンキャリア】に 弊社メンバーのインタビュー記事が掲載されました。 是非ご覧ください。 http://www.w-career.jp/content/company_feature/active/cs-acctg.html ...

メディア掲載情報

広報誌「こんぱす」2018年春号 発行のお知らせ

広報誌「こんぱす」2018年春号を発行いたしました。 今回号では「所得拡大税制の改正」や「有期労働契約者の無期転換の申込み」についてのご紹介等、 皆様の日々の業務にお役立ていただきたい情報を提供しております。 また、弊社メンバーが執筆した「経理部門の働き方改革のススメ」や「改訂2版 経理・財務スキル検定FASSテキスト&問題集」など書籍のご紹介などリラックスして読める記事も充実させております。 是非ご覧ください。 ...

出版情報

「経理部門の働き方改革のススメ ムダ、ムラ、ムリをなくすテクニック公開」が発売されました

政府が推進する働き方改革により、企業は人材の確保や残業時間の削減など、あらゆる場面で業務を見直す必要が出てきています。業務が属人化・ブラックボックス化しやすい経理部門においても、業務の効率化・合理化が求められています。 本書では、長年経理部門の合理化を指南してきた経験をもとに、経理部門の業務の中にひそむムダ、ムラ、ムリを減らすための改善策を解説しております。 架空の会社の経理スタッフと、既存手法にこだわる経理部長、業務改善を提案する顧問税理士といった3人の登場人物による、どの企業でもよくあるシーンを会話形式で取り上げ、シーン別に隠された問題点と改善のヒントを提示しています。現場では特別問題意識を持っていないような「あるある」が散りばめられておりますので、是非皆様にご一読いただきたい一冊です。   主要目次 Prologue 働き方改革が企業の成長源泉  Scene1 生産性を1.7倍に上げる Chapter1 経理部門がかかえる課題  Scene2 経理業務をリスト化する  Scene3 コア業務を強化し、ノンコア業務を定型化する  Scene4 属人化から脱する Chapter2 ムダを省く経理のテクニック  Scene5 小口現金はなくしてしまう  Scene6 マスタ設定を制するものは時間を制する  Scene7 社員の経費精算は効率化の宝庫  Scene8 取引先への支払いも効率化する  Scene9 金融機関に行くのをやめる  Scene10 電子納税は優れもの  Scene11 相手先区分を活用して連結決算を乗り切る  Scene12 法人税の申告書は転記できる仕組みを作っておく  Scene13 地方税の申告書も転記で作るとスムーズ Chapter3 ムラをなくす経理のテクニック  Scene14 文書化は大変だけど改革への大きな一歩  Scene15 グループ会社で方針を統一すると効率化が加速する  Scene16 申請書は全社で統一する  Scene17 ひな型決定はMECE視点で実施する  Scene18 ファイルは仲良くみんなで1冊作る  Scene19 探しやすいファイルにする工夫を  Scene20 膨大なソフトデータを整理整頓する  Scene21 請求入金業務はシステム間の連携を忘れずに  Scene22 入金消込みは専用システムに行ってもらう  Scene23 消費税の税率が変わってもミスしない仕組みを作る Chapter4 ムリをなくす経理のテクニック  Scene24 時間と空間を選ばないクラウドは経理業務でも活躍する  Scene25 既存のデータを活用して極力手入力をなくす  Scene26 経理業務では金融機関データとの親和性は非常に高い  Scene27 月次の早期化は完璧さからの脱却とのバランスがポイント  Scene28 決算スケジュールは精緻に作る  Scene29 問題の先送りは経理業務でもNG!  Scene30 Excelの管理資料は本当に必要なのか?  Scene31 台帳の二重管理は一つのシステム内で管理可能 Chapter5 外部委託を活用した改革のテクニック  Scene32 業務の平準化には月末月初だけの助っ人が有効  Scene33 少子化対策、働き方改革にはアウトソーサーの活用を!  Scene34 勉強しない組織は市場からの退場を余儀なくされる ...

お知らせ

ホームページをリニューアルいたしました

ホームページをリニューアルいたしました! さらに充実したコンテンツをお楽しみください。

出版情報

「改訂2版 経理・財務スキル検定[FASS]テキスト&問題集」が発売されました。

「経理・財務スキル検定 FASS」は、経済産業省の「経理・財務スキル・スタンダード」に完全準拠し、経理・財務実務のスキルを客観的に測定する検定試験です。経理・財務部門の定型的実務に従事されている方やこれから経理・財務部門に従事しようとしている方が効率よく実務に必要な知識が得られるよう例題と解説をまとめました。本書をご活用いただくことで、初心者の方でも「日常の業務であれば業務を理解して支障なく対応できるスキルを有する」と認められるCランクの取得が目指せる内容となっております。また、今回の改訂では、第3章「税務」の情報更新を中心に、FASSの出題形式を模した練習問題も最新情報に改めています。是非一度お手に取っていただけますと幸いです。 【目次】第1章 資産(売掛債権管理/在庫管理/固定資産管理 他)第2章 決算(月次業績管理/単体決算業務/連結決算業務 他)第3章 税務(税効果会計業務/消費税申告業務/税務調査対応 他)第4章 資金(現金出納管理/手形管理/貸付金管理/デリバティブ取引管理 他)練習問題 【執筆者紹介】CSアカウンティング株式会社専務取締役 公認会計士・税理士  中尾 篤史(なかお あつし)経理管理第一部 部長  松野 亮(まつの りょう)...

お知らせ

リクルート情報:2017年冬の会社説明会開催日が決定いたしました

2017年冬の会社説明会開催日が決定いたしました。 【開催日時】 12/16(土)17:00~ 12/17(日)17:00~ 12/19(火)18:30~ 12/26(火)18:30~ 1/18 (木)18:30~ 詳しくは 説明会情報 のページをご覧ください。

メディア掲載情報

雑誌「週刊東洋経済」(2017/8/12-19合併号)に掲載されました!

雑誌「週刊東洋経済」(2017/8/12-19合併号)で、弊社の「アウトソーシングサービスの提供で働き方改革を促進」という記事が掲載されました。

お知らせ

リクルート情報:2017年夏の会社説明会開催日が決定いたしました

2017年夏の会社説明会開催日が決定いたしました。 【開催日時】 7/11(火)18:30~ 8/11(金)17:00~ 8/12(土)17:00~ 8/15(火)18:30~ 8/24(木)18:30~ 9/5 (火)18:30~ 詳しくは 説明会情報 のページをご覧ください。 ...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第6回)

社会情勢とともに変化する税制への備え(第6回) 電子帳簿保存法におけるスキャナ保存要件のポイント 平成28年度税制改正により国税関係書類の電子化の規制が大幅に緩和されたことにより民間事業者等の文書電子化は広がることと予想されます。そこで今回は、実施にあたり理解が必要となるスキャナ保存要件を取り上げます。 記事URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column06.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第5回)

社会情勢とともに変化する税制への備え(第5回) 電子帳簿保存法の規制緩和で領収書等のスキャナ保存が可能に! 平成27年度税制改正において領収書等のスキャナ保存制度が改正され、対象範囲が拡大するとともに要件が大幅に緩和されました。また、平成28年税制改正において、さらに要件が緩和され、デジカメ・スマホ等での撮影についても認められることになりました。これにより、中堅・中小企業での電子化対応が現実的となり、いよいよ普及が進むことが期待されます。今回はこうした文書電子化のメリットについてご紹介しています。 記事URL http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column05.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第4回)

社会情勢とともに変化する税制への備え(第4回) 建物附属設備、構築物等の減価償却方法が変更になります! 平成28年税制改正により法定実効税率を20%台にするということと引き替えに、様々な課税ベースの拡大が行われました。今回は課税ベースの拡大となった項目のうち、減価償却資産の償却方法の変更内容をご紹介いたします。 記事URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column04.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

お知らせ

新宿センタービル31階への移転のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。8月29日より下記住所に移転し、新オフィスにおいて営業を開始する運びとなりましたのでご案内申し上げます。 【新住所】〒163-0631 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル31階 代表電話番号 03-5908-3421代表FAX番号 03-5339-3178  ※電話・FAXともに変更ございません これを機に社員一同心も新たにし皆様の期待に添うべく、なお一層の努力をして参る所存でございますのでこれまで同様にお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第3回)

社会情勢とともに変化する税制への備え(第3回) 被災地は皆様の温かなお気持ちを必要としています!! 今回は被災された皆様のお役に少しでも立てるよう、支援金と義援金の違い、寄附者の課税関係、被災した取引先に対して支援を行った法人における取扱い、といった災害に関する税務上の取扱いの要点を紹介致します。 ふるさと納税を利用しての寄附についてもご説明しておりますので是非チェックしてみてください 記事URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column03.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第2回)

消費税率引き上げ延期と適格請求書保存方式の導入 安倍首相は6月1日、首相官邸で記者会見を行い、消費税率10%への引上げ時期について、平成31年10月まで再延期する方針を表明しました。 そこで本コラムにおいては、消費税率引き上げ延期と適格請求書等保存方式の導入についてなどを紹介しています。 記事URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column02.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第1回)

社会情勢とともに変化する税制への備え(第1回) 軽減税率の判断基準ってご存知ですか?? 消費税率の引上げ時期を再延期する方針が表明され、それに併せて軽減税率の導入時期も延期されることになりました。なお、消費税率の引上げ時には引き続き低所得者に配慮する観点から、特定の課税資産の譲渡等について消費税の軽減税率制度が導入される予定となっています。 軽減税率の対象品目 1.酒類・外食を除く飲食料品の譲渡 2.週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)の譲渡 そこで本コラムにおいては、軽減税率の制度の概要やその対策などを紹介しております。 記事URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column01.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

出版情報

「正確な決算を早くラクに実現する経理の技30」が発売されました

目 次   Chapter1 導入編  file01 経理業務の標準化を始めてみる  file02 業務分析リストで弱点をあぶり出す   file03 Excelを使わない仕組み  Chapter2 スタートアップ編  file04 支出申請書に入手すべき情報を網羅する  file05 日時単位でスケジュールを管理  file06 整理整頓のススメ  file07 同一システム、同一業務フロー  file08 マニュアルを作成する  file09 データを流し込めば手作業は極小化される Chapter3 アナログ対応編  file10 小口現金をなくしてしまう  file11 概算計上は使える  file12 月次の作業を省力化するには 他 Chapter4 システム対応編  file15 経費精算はシステムで処理をする  file16 部門別損益計算は会計システムを使えば簡単  file17 プロジェクト別の損益を出してマトリクス経営の実現を  file18 販売管理システムを使い倒す  file19 購買管理システムを使い倒す 他 Chapter5 応用工夫編  file24 勘定科目のマスタ設定はこんなに使える  file25 固定資産の二重管理を効率化する  file26 法人税の申告書へ転記できるように帳簿を作る  file27 交際費は区分しておかないと大変なことに 他     【執筆者紹介】 ■中尾 篤史(なかお あつし) 公認会計士・税理士 CSアカウンティング株式会社 専務取締役 日本公認会計士協会 租税調査会 租税政策検討専門部会・専門委員 著書に「BPOの導入で会社の経理は軽くて強くなる」 、「たった3つの公式で「決算書」がスッキリわかる」、「対話式で気がついたら決算書が作れるようになる本」、「経理・財務お仕事マニュアル」、「経理・財務スキル検定[FASS]テキスト&問題集」、「節約法人税のしくみ」など多数。   【関連書籍】 「BPOの導入で会社の経理は軽くて強くなる」 BPOの歴史から、BPOを取り巻く環境、BPO事業者の選定、導入等、BPOの活用の仕方を説明しています ...

出版情報

「BPOの導入で会社の経理は軽くて強くなる」が発売されました

目次 序章 アウトソーシング興隆の背景 ①アメリカにおけるアウトソーシングの発展 ②コア・コンピタンス経営を実践するための武器 他 第1章 BPO導入の目的 ①BPO導入の目的を考えよう! ②コアな業務に人材を投入< 他 第2章 経理部門がかかえる課題 ①経理部員が安定していればいいのですが… ②社内改革しようとすると抵抗勢力が出てくるという悲しさ 他 第3章 BPO事業者選定時の留意点 ①どの機能をBPOするのか決定する ②効率よくBPOするための準備をする 他 第4章 BPO導入のステップ ①円滑なBPOのために体制を整備する ②導入スケジュール等を決定し、社内周知により協力を仰ぐ 他 第5章 BPOの導入事例 ケース1 経理社員なしで親会社への決算早期化に対応 ケース2 新興系上場会社でのBPOの活用 他 第6章 経理業務の標準化・早期化 ①経理業務の標準化とは? ②決算業務の早期化とは? 他 第7章 経理業務の標準化・早期化事例 ①標準化を、たとえるとしたら? ②スケジュール管理を決算早期化へ活かす 他 【執筆者紹介】 ■中尾 篤史(なかお あつし) 公認会計士・税理士 CSアカウンティング株式会社 専務取締役 日本公認会計士協会 租税調査会 租税政策検討専門部会・専門委員 著書に「たった3つの公式で「決算書」がスッキリわかる」(宝島新書)「コレだけは知らなきゃヤバイよ!会計」(すばる舎)、「対話式で気がついたら決算書が作れるようになる本」「4週間でマスターできる経理・財務基本テキスト」「経理・財務お仕事マニュアル」(税務経理協会)、「経理・財務スキル検定[FASS]テキスト&問題集」(日本能率協会マネジメントセンター)、「節約法人税のしくみ」(祥伝社)、「はじめてのキャッシュフロー」(大成出版社)、「在庫管理がわかる」(実業之日本社)、「企業組織再生プランの法務&税務」(清文社)などがある。 ■平野 真理子(ひらの まりこ) 税理士 CSアカウンティング株式会社 経理管理事業部 第二部 部長 著書に『経理・財務お仕事マニュアル』、『経理実務(請求書、領収書編)』(税務経理協会)がある。 ■伊藤 元一(いとう げんいち) 公認会計士 CSアカウンティング株式会社 大阪支店 グループリーダー 著書に『経理実務(小切手、手形編)』(税務経理協会)がある。 ...

出版情報

「改訂版 経理・財務スキル検定FASSテキスト&問題集」が発売されました

【本書内容】 FASSは経理・財務実務のスキルを客観的に測定する検定試験です。 弊社では、実際に試験を実施する日本CFO協会の公式認定を得て本書を発刊しており、2010年5月よりリスク・コントロール・マトリックスの考え方に基づく経理・財務スキル スタンダード2.0を取り入れ内部統制分野を充実させた試験がスタートしていることから、法改正にも対応した改訂版を発刊しております。 本書は試験科目に沿って、各項目を見開き完結で解説し、項目ごとの例題を反復練習することで、基本的な知識が身につくような構成になっています。また巻末に練習問題を載せ、直前チェックを効果的に行うことができます。   【目次】   第1章 資産(売掛債権管理/在庫管理/固定資産管理 他) 第2章 決算(月次業績管理/単体決算業務/連結決算業務 他) 第3章 税務(税効果会計業務/消費税申告業務/税務調査対応 他) 第4章 資金(現金出納管理/手形管理/貸付金管理/デリバティブ取引管理 他) 第5章 内部統制(全社統制/IT統制) 練習問題     【執筆者紹介】 CSアカウンティング株式会社 専務取締役 公認会計士・税理士  中尾 篤史(なかお あつし) 経理管理第一部 部長  松野 亮(まつの りょう) 経理管理第二部 グループリーダー  今川 誠(いまがわ まこと) ...

出版情報

「たった3つの公式で『決算書』がスッキリわかる」が発売されました

決算書とは貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つを合わせた財務諸表のこと。いわば企業の成績表だ。これを読み解くには簡単なコツがある。ほとんど知られていないが、たった3つの公式を使うだけで誰でも決算書がスラスラと読めるようになるのだ。本書ではその公式をマスターする方法を、会計のプロがイラストと対話形式でやさしく解説する。子どもの頃に円周率を覚えたように理屈抜きにこの公式だけを覚えればいいのだ。会社や取引先の数字の意味を知りたい人から決算書で財務分析をしたい人まで、ビジネスパーソン必読の書。 目次 <基礎編1>  貸借対照表のたった1つの公式「資産=負債+純資産」を活用しよう!  貸借対照表をパパッと見たら、会社の歴史と現在を垣間みることができる!  1 貸借対照表は純資産を通じて損益計算書とつながっている  2 貸借借対照表は8変化を知れば怖くない 3 貸借対照表の勘定科目の配置  4 貸借対照表で経営分析をする <基礎編2>  損益計算書のたった1つの公式「利益= 収益-費用」を活用しよう   損益計算書は1年間の儲けの成績表、毎年毎年勝負が続く  1 儲けの種類を区分する  2 儲けには税金がかかる  3 損益計算書で経営分析する  <基礎編3>  キャッシュフロー計算書のたった1つの公式「キャッシュフロー=入金-出金」を活用しよう  利益よりも重視されるキャッシュフローから、お金を生み出す力を分析しよう 1 さようなら机上の利益、こんにちは現実のキャッシユ  2 キャッシュフローを改善するために <応用編2>  ヨソの会社の「連結決算書」拝見  連結ベースの決算書から企業グループの総合力を読み解こう ①[キリンHD株式会社/食料品] 不況の影響で売上伸び悩む ②[シャープ株式会社/電機] 日本家電凋落の象徴! どうなるシャープ? ③[ジェイ エフ イーHD/鉄鋼]初の最終赤字を計上した大手鉄鋼メーカーグループ ④[武田薬品工業株式会社/医薬品]巨額買収の成否がグローバル製薬企業への鍵を握る  ⑤[大成建設株式会社/建設業] 受注は堅調も、減損が響き減収  ⑥[住友不動産株式会社/不動産業]不動産市況改善により業績は増益傾向 ⑦[株式会社髙島屋/小売業] 売上縮小傾向も経費節減で営業利益増益達成 ⑧[株式会社ヤマダ電機/小売業]業界低迷に苦しむ家電専門小売業のリーディングカンパニー ⑨[株式会社ファーストリテイリング/小売業] デフレ下の勝ち組企業  ⑩[株式会社ゼンショーHD/小売業] 牛丼戦争はどこまで続く?  ⑪[株式会社マツモトキヨシHD/小売業]堅実に売上、利益を伸ばすドラッグストア最大手企業 ⑫[ヤマトHD株式会社/陸運業] 「宅急便1個につき10円寄付」が話題に  ⑬[ソフトバンク株式会社/情報・通信業] 財務体質改善は次への布石  ⑭[グリー株式会社/情報・通信業] ブームに沸くソーシャルゲームの雄 ⑮[株式会社ディー・エヌ・エー/情報・通信業]横浜ベイスターズ買収で知名度アップ  ⑯[凸版印刷株式会社/その他製品] 逆風の中、減収減益  ⑰[東海旅客鉄道株式会社/陸運業]まさにドル箱、東海道新幹線を保有する民間会社 ...

出版情報

「外国人従業員の労務 -給与・社会保険・労働保険-」が発売されました

外資系企業に限らず、日系企業でも外国人の従業員が勤務していることが珍しくなくなってきています。  外国人従業員を採用する際には、在留カードを確認したり、外国人雇用状況報告書などを作成したりする必要があります。(※一部例外もあります。)給料計算の際には居住者・非居住者の区分の違いにより給与から控除される所得税の額が変わることもあります。  こういった外国人従業員特有の手続については日本人にはなじみのない部分になるため、慣れていない人事担当者にとっては取り扱いがわからず苦労することも多いものです。  また日本で勤務する外国人従業員にとっても、日本の労働基準法社会保険の制度や自分自身の労働条件、また給与から控除される所得税の計算方法について等わからないことも多く、不安に感じることが多いようです。  本書は、外国人従業員を雇用する際に必要な社会保険や給料計算の手続について、体系立てて説明しています。また社内で必要な書類の様式例や記入例、英文の様式例も入れ、実務でも使いやすいよう執筆致しましたので、是非一度お手に取って頂けますと幸いでございます。 ...

出版情報

「たった3つの公式で私でもわかる決算書」が宝島社より発売されました。

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つを合わせて、決算書と呼んでいます。決算書は、たとえてみれば学校の成績表のことです。この成績表を読むには、コツがあります。  これまで誰も書いてはいませんが、次の3つの公式を使えば簡単に読み解けるのです。貸借対照表公式(1)「資産=負債+純資産」、損益計算書公式(2)「利益=収益-費用」、キャッシュフロー計算書公式(3)「キャッシュフロー=入金-出金」。これらは数字であらわされた資料という見方もできます。決算書は社員には必読ですし、自社だけではなくライバル社のものも読んでおきたいものです。  本書は解説を二人の対話形式でなされますので、誰にでも理解が深められ、また20社の実際の連結決算書も解説しており、即戦力となる一冊ですので是非一度お手に取ってみていただけますと幸いでございます。 【執筆者紹介】 ■中尾 篤史(なかお あつし) 公認会計士・税理士 太田昭和監査法人、辻・本郷税理士法人を経て、現在は辻・本郷 税理士法人グループにおける、会計・人事のアウトソーシング・コンサルティングに特化したCSアカウンティング(株)の専務取締役として、中小企業から上場企業およびその子会社向けに会計・税務のサービスをひろく提供している。編共著書:『たった3つの公式で「決算書」がスッキリわかる』(宝島社新書)、『アウトソーシング時代の経理』(税務経理教会)、『コレだけは知らなきゃヤバイよ! 会計』(すばる舎)、『対話式で気がついたら決算書が作れるようになる本』、『経理・財務スキル検定[FASS]テキスト&問題集』(日本能率協会マネジメントセンター)、『節約 法人税のしくみ』(祥伝社)、『在庫管理がわかる』(実業之日本社)、『企業組織再生プランの法務&税務』(清文社)など多数。 ...

出版情報

「海外赴任者の労務 ―給与・社会保険・労働保険―」が発売されました

「当社の従業員が海外に赴任することになったのですが、従業員の給料計算や社会保険については、どんな手続きが必要でしょうか?」 海外転勤が日常的に行われている大手の外資系企業であれば、手続の事例や資料などが社内にありますし、仕事を教えてくれる上司やベテランの先輩社員もいることと思います。しかしながら、従業員数の少ない中小企業では、従業員の海外赴任といったケースが多くないことや、人事部そのものがなく、総務や経理、給与計算や社会保険などを1人のスタッフで行っているケースが比較的多く見受けられます。このような組織では、社内で実務を教えてくれる先輩社員もいなければ、事例や資料なども社内にはないと思います。ましてや他社でどのように対応しているか調べることも至難の業です。 本書では、そのような少人数の企業で社会保険事務や給与計算業務を行っている方々が、自社の従業員が海外赴任の際に必要な一通りの業務を行えることを目的として執筆致しました。 海外に進出する企業の人事担当者や海外赴任者本人またはその家族など、皆様にとって、本書が少しでもお役に立つことができれば幸いでございます。 【目次】 第1章 海外進出の決定 第2章 海外赴任の準備 第3章 赴任時の手続 1 社会保険・労働保険に関する手続 2 給与に関する手続 第4章 赴任中の手続 1 社会保険・労働保険に関する手続 2 国内法人から支払う給与 3 現地で支払う給与 4 税務上の留意点 5 その他の留意点 第5章 赴任中に退職した場合 第6章 帰国後の手続 1 社会保険・労働保険等に関する手続 2 給与に関する手続 3 その他の留意点 ...

出版情報

「これならできる!経理実務 小切手・手形編 ―簿記の問題を解くだけではみえてこない経理の実務―」が発売されました

簿記を勉強され、経理の現場に出て仕事をされたばかりの方の中には、机上で学習した簿記の知識だけでは実務がうまくいかなくて、歯がゆい思いをされている方も多いと思います。「初めて小切手を振り出すんだけど、どうやって作るのかがわからない」「手形を受け取ったけど、記載内容に間違いがないのかどうかわからず困ってしまった」そんなことにならないための一助になればと思い、本書を刊行するに至りました。  本書では、簿記で学んだ知識と経理の実務との間のギャップを埋めるために、実際の作業ができるよう多くのサンプルの用意や作業を解説だけではなく業務の目的が理解できるようその背景について書くようにしました。また、法律からの視点や会計・税務からの視点、内部統制からの視点という3つの視点でひとつの事象を考えることで幅広い視野が持てるように工夫を施しました。  本書が初めて経理の現場に配属された方やこれから経理の実務を学んでいこうと考えている多くの方にお手に取っていただけますと幸いでございます。 【目次】 第1章 小切手の実務  ・小切手ってなんだろう  ・小切手の見本  ・当座預金口座を開設しよう  ・小切手は経理部のどこにある?  ・小切手を振り出してみよう  ・小切手を受け取ったら  ・先日付小切手とは  ・線引小切手とは?  ・自己宛小切手(預金小切手)とは?  ・手形交換所の仕組みとは?  ・不渡りとは? 第2章 手形の実務  ・手形ってなんだろう  ・手形の見本  ・手形は経理部のどこにある?  ・手形を振り出してみよう  ・手形を受け取ったら  ・手形の裏書とは?  ・手形の割引とは?  ・手形のジャンプとは?  ・融通手形とは? 参考資料 当座勘定規定 【執筆者】 専務取締役 中尾 篤史 ...

お知らせ

ホームページをリニューアルいたしました

ホームページをリニューアルいたしました! さらに充実したコンテンツをお楽しみください。

お知らせ

リクルート情報:2017年冬の会社説明会開催日が決定いたしました

2017年冬の会社説明会開催日が決定いたしました。 【開催日時】 12/16(土)17:00~ 12/17(日)17:00~ 12/19(火)18:30~ 12/26(火)18:30~ 1/18 (木)18:30~ 詳しくは 説明会情報 のページをご覧ください。

お知らせ

リクルート情報:2017年夏の会社説明会開催日が決定いたしました

2017年夏の会社説明会開催日が決定いたしました。 【開催日時】 7/11(火)18:30~ 8/11(金)17:00~ 8/12(土)17:00~ 8/15(火)18:30~ 8/24(木)18:30~ 9/5 (火)18:30~ 詳しくは 説明会情報 のページをご覧ください。 ...

お知らせ

新宿センタービル31階への移転のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。8月29日より下記住所に移転し、新オフィスにおいて営業を開始する運びとなりましたのでご案内申し上げます。 【新住所】〒163-0631 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル31階 代表電話番号 03-5908-3421代表FAX番号 03-5339-3178  ※電話・FAXともに変更ございません これを機に社員一同心も新たにし皆様の期待に添うべく、なお一層の努力をして参る所存でございますのでこれまで同様にお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。...

掲載情報はございません。

掲載情報はございません。

掲載情報はございません。

出版情報

「すらすら図解 減価償却のしくみ」が発売されました

会計・税務や経営、法律の専門書籍で絶大な支持を集める中央経済社の「すらすら図解」シリーズに、CSアカウンティングのメンバーが執筆した1冊が加わりました。テーマは経理業務で避けて通ることのできない減価償却について。近年においては税制改正のたびに見直しが行われており、もはや過去の知識のままでは通用しません。そこで会計と税務の面から網羅的に解説したのが本書です。是非一度お手に取っていただけますと幸いです。   主要目次 第1章 減価償却の意義 第2章 固定資産とは 第3章 固定資産の取得価額 第4章 耐用年数と減価償却の計算方法 第5章 減価償却の開始・終了・変更と表示 第6章 減価償却の特殊論点① 第7章 減価償却の特殊論点② 第8章 減価償却におけるその他の税務論点   著者:CSアカウンティング株式会社 専務取締役 公認会計士・税理士 中尾篤史 取締役 税理士 平野真理子 取締役 税理士 東山恵里香 経理管理第一部 部長 松野亮 経理管理第三部 部長 税理士 新井貴雄 経理管理第一部 副部長 税理士 葛西長 経理管理第二部 副部長 税理士 菅谷隆正 経理管理第一部 グループリーダー 税理士 波多野勇作 経理管理第二部 グループリーダー 田中秀徳 経理管理第三部 グループリーダー 皆川俊介 経理管理第五部 グループリーダー 公認会計士 鈴木真都佳 ...

メディア掲載情報

働く女性のためのサイト「ウーマンキャリア」にインタビュー記事が掲載されました

転職エージェントのパソナキャリアが運営する 働く女性のためのサイト【ウーマンキャリア】に 弊社メンバーのインタビュー記事が掲載されました。 是非ご覧ください。 http://www.w-career.jp/content/company_feature/active/cs-acctg.html ...

メディア掲載情報

広報誌「こんぱす」2018年春号 発行のお知らせ

広報誌「こんぱす」2018年春号を発行いたしました。 今回号では「所得拡大税制の改正」や「有期労働契約者の無期転換の申込み」についてのご紹介等、 皆様の日々の業務にお役立ていただきたい情報を提供しております。 また、弊社メンバーが執筆した「経理部門の働き方改革のススメ」や「改訂2版 経理・財務スキル検定FASSテキスト&問題集」など書籍のご紹介などリラックスして読める記事も充実させております。 是非ご覧ください。 ...

出版情報

「経理部門の働き方改革のススメ ムダ、ムラ、ムリをなくすテクニック公開」が発売されました

政府が推進する働き方改革により、企業は人材の確保や残業時間の削減など、あらゆる場面で業務を見直す必要が出てきています。業務が属人化・ブラックボックス化しやすい経理部門においても、業務の効率化・合理化が求められています。 本書では、長年経理部門の合理化を指南してきた経験をもとに、経理部門の業務の中にひそむムダ、ムラ、ムリを減らすための改善策を解説しております。 架空の会社の経理スタッフと、既存手法にこだわる経理部長、業務改善を提案する顧問税理士といった3人の登場人物による、どの企業でもよくあるシーンを会話形式で取り上げ、シーン別に隠された問題点と改善のヒントを提示しています。現場では特別問題意識を持っていないような「あるある」が散りばめられておりますので、是非皆様にご一読いただきたい一冊です。   主要目次 Prologue 働き方改革が企業の成長源泉  Scene1 生産性を1.7倍に上げる Chapter1 経理部門がかかえる課題  Scene2 経理業務をリスト化する  Scene3 コア業務を強化し、ノンコア業務を定型化する  Scene4 属人化から脱する Chapter2 ムダを省く経理のテクニック  Scene5 小口現金はなくしてしまう  Scene6 マスタ設定を制するものは時間を制する  Scene7 社員の経費精算は効率化の宝庫  Scene8 取引先への支払いも効率化する  Scene9 金融機関に行くのをやめる  Scene10 電子納税は優れもの  Scene11 相手先区分を活用して連結決算を乗り切る  Scene12 法人税の申告書は転記できる仕組みを作っておく  Scene13 地方税の申告書も転記で作るとスムーズ Chapter3 ムラをなくす経理のテクニック  Scene14 文書化は大変だけど改革への大きな一歩  Scene15 グループ会社で方針を統一すると効率化が加速する  Scene16 申請書は全社で統一する  Scene17 ひな型決定はMECE視点で実施する  Scene18 ファイルは仲良くみんなで1冊作る  Scene19 探しやすいファイルにする工夫を  Scene20 膨大なソフトデータを整理整頓する  Scene21 請求入金業務はシステム間の連携を忘れずに  Scene22 入金消込みは専用システムに行ってもらう  Scene23 消費税の税率が変わってもミスしない仕組みを作る Chapter4 ムリをなくす経理のテクニック  Scene24 時間と空間を選ばないクラウドは経理業務でも活躍する  Scene25 既存のデータを活用して極力手入力をなくす  Scene26 経理業務では金融機関データとの親和性は非常に高い  Scene27 月次の早期化は完璧さからの脱却とのバランスがポイント  Scene28 決算スケジュールは精緻に作る  Scene29 問題の先送りは経理業務でもNG!  Scene30 Excelの管理資料は本当に必要なのか?  Scene31 台帳の二重管理は一つのシステム内で管理可能 Chapter5 外部委託を活用した改革のテクニック  Scene32 業務の平準化には月末月初だけの助っ人が有効  Scene33 少子化対策、働き方改革にはアウトソーサーの活用を!  Scene34 勉強しない組織は市場からの退場を余儀なくされる ...

出版情報

「改訂2版 経理・財務スキル検定[FASS]テキスト&問題集」が発売されました。

「経理・財務スキル検定 FASS」は、経済産業省の「経理・財務スキル・スタンダード」に完全準拠し、経理・財務実務のスキルを客観的に測定する検定試験です。経理・財務部門の定型的実務に従事されている方やこれから経理・財務部門に従事しようとしている方が効率よく実務に必要な知識が得られるよう例題と解説をまとめました。本書をご活用いただくことで、初心者の方でも「日常の業務であれば業務を理解して支障なく対応できるスキルを有する」と認められるCランクの取得が目指せる内容となっております。また、今回の改訂では、第3章「税務」の情報更新を中心に、FASSの出題形式を模した練習問題も最新情報に改めています。是非一度お手に取っていただけますと幸いです。 【目次】第1章 資産(売掛債権管理/在庫管理/固定資産管理 他)第2章 決算(月次業績管理/単体決算業務/連結決算業務 他)第3章 税務(税効果会計業務/消費税申告業務/税務調査対応 他)第4章 資金(現金出納管理/手形管理/貸付金管理/デリバティブ取引管理 他)練習問題 【執筆者紹介】CSアカウンティング株式会社専務取締役 公認会計士・税理士  中尾 篤史(なかお あつし)経理管理第一部 部長  松野 亮(まつの りょう)...

メディア掲載情報

雑誌「週刊東洋経済」(2017/8/12-19合併号)に掲載されました!

雑誌「週刊東洋経済」(2017/8/12-19合併号)で、弊社の「アウトソーシングサービスの提供で働き方改革を促進」という記事が掲載されました。

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第6回)

社会情勢とともに変化する税制への備え(第6回) 電子帳簿保存法におけるスキャナ保存要件のポイント 平成28年度税制改正により国税関係書類の電子化の規制が大幅に緩和されたことにより民間事業者等の文書電子化は広がることと予想されます。そこで今回は、実施にあたり理解が必要となるスキャナ保存要件を取り上げます。 記事URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column06.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第5回)

社会情勢とともに変化する税制への備え(第5回) 電子帳簿保存法の規制緩和で領収書等のスキャナ保存が可能に! 平成27年度税制改正において領収書等のスキャナ保存制度が改正され、対象範囲が拡大するとともに要件が大幅に緩和されました。また、平成28年税制改正において、さらに要件が緩和され、デジカメ・スマホ等での撮影についても認められることになりました。これにより、中堅・中小企業での電子化対応が現実的となり、いよいよ普及が進むことが期待されます。今回はこうした文書電子化のメリットについてご紹介しています。 記事URL http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column05.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第4回)

社会情勢とともに変化する税制への備え(第4回) 建物附属設備、構築物等の減価償却方法が変更になります! 平成28年税制改正により法定実効税率を20%台にするということと引き替えに、様々な課税ベースの拡大が行われました。今回は課税ベースの拡大となった項目のうち、減価償却資産の償却方法の変更内容をご紹介いたします。 記事URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column04.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第3回)

社会情勢とともに変化する税制への備え(第3回) 被災地は皆様の温かなお気持ちを必要としています!! 今回は被災された皆様のお役に少しでも立てるよう、支援金と義援金の違い、寄附者の課税関係、被災した取引先に対して支援を行った法人における取扱い、といった災害に関する税務上の取扱いの要点を紹介致します。 ふるさと納税を利用しての寄附についてもご説明しておりますので是非チェックしてみてください 記事URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column03.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第2回)

消費税率引き上げ延期と適格請求書保存方式の導入 安倍首相は6月1日、首相官邸で記者会見を行い、消費税率10%への引上げ時期について、平成31年10月まで再延期する方針を表明しました。 そこで本コラムにおいては、消費税率引き上げ延期と適格請求書等保存方式の導入についてなどを紹介しています。 記事URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column02.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

メディア掲載情報

NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」サイトに弊社スタッフが執筆した記事が掲載されました(第1回)

社会情勢とともに変化する税制への備え(第1回) 軽減税率の判断基準ってご存知ですか?? 消費税率の引上げ時期を再延期する方針が表明され、それに併せて軽減税率の導入時期も延期されることになりました。なお、消費税率の引上げ時には引き続き低所得者に配慮する観点から、特定の課税資産の譲渡等について消費税の軽減税率制度が導入される予定となっています。 軽減税率の対象品目 1.酒類・外食を除く飲食料品の譲渡 2.週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)の譲渡 そこで本コラムにおいては、軽減税率の制度の概要やその対策などを紹介しております。 記事URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/csa/column01.html NEC ネクサソリューションズ「経営力を強化する 会計・経理部門向け」URL  http://www.nec-nexs.com/sl/accounting/column/ 市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。 このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説するサイトです。 ...

出版情報

「正確な決算を早くラクに実現する経理の技30」が発売されました

目 次   Chapter1 導入編  file01 経理業務の標準化を始めてみる  file02 業務分析リストで弱点をあぶり出す   file03 Excelを使わない仕組み  Chapter2 スタートアップ編  file04 支出申請書に入手すべき情報を網羅する  file05 日時単位でスケジュールを管理  file06 整理整頓のススメ  file07 同一システム、同一業務フロー  file08 マニュアルを作成する  file09 データを流し込めば手作業は極小化される Chapter3 アナログ対応編  file10 小口現金をなくしてしまう  file11 概算計上は使える  file12 月次の作業を省力化するには 他 Chapter4 システム対応編  file15 経費精算はシステムで処理をする  file16 部門別損益計算は会計システムを使えば簡単  file17 プロジェクト別の損益を出してマトリクス経営の実現を  file18 販売管理システムを使い倒す  file19 購買管理システムを使い倒す 他 Chapter5 応用工夫編  file24 勘定科目のマスタ設定はこんなに使える  file25 固定資産の二重管理を効率化する  file26 法人税の申告書へ転記できるように帳簿を作る  file27 交際費は区分しておかないと大変なことに 他     【執筆者紹介】 ■中尾 篤史(なかお あつし) 公認会計士・税理士 CSアカウンティング株式会社 専務取締役 日本公認会計士協会 租税調査会 租税政策検討専門部会・専門委員 著書に「BPOの導入で会社の経理は軽くて強くなる」 、「たった3つの公式で「決算書」がスッキリわかる」、「対話式で気がついたら決算書が作れるようになる本」、「経理・財務お仕事マニュアル」、「経理・財務スキル検定[FASS]テキスト&問題集」、「節約法人税のしくみ」など多数。   【関連書籍】 「BPOの導入で会社の経理は軽くて強くなる」 BPOの歴史から、BPOを取り巻く環境、BPO事業者の選定、導入等、BPOの活用の仕方を説明しています ...

出版情報

「BPOの導入で会社の経理は軽くて強くなる」が発売されました

目次 序章 アウトソーシング興隆の背景 ①アメリカにおけるアウトソーシングの発展 ②コア・コンピタンス経営を実践するための武器 他 第1章 BPO導入の目的 ①BPO導入の目的を考えよう! ②コアな業務に人材を投入< 他 第2章 経理部門がかかえる課題 ①経理部員が安定していればいいのですが… ②社内改革しようとすると抵抗勢力が出てくるという悲しさ 他 第3章 BPO事業者選定時の留意点 ①どの機能をBPOするのか決定する ②効率よくBPOするための準備をする 他 第4章 BPO導入のステップ ①円滑なBPOのために体制を整備する ②導入スケジュール等を決定し、社内周知により協力を仰ぐ 他 第5章 BPOの導入事例 ケース1 経理社員なしで親会社への決算早期化に対応 ケース2 新興系上場会社でのBPOの活用 他 第6章 経理業務の標準化・早期化 ①経理業務の標準化とは? ②決算業務の早期化とは? 他 第7章 経理業務の標準化・早期化事例 ①標準化を、たとえるとしたら? ②スケジュール管理を決算早期化へ活かす 他 【執筆者紹介】 ■中尾 篤史(なかお あつし) 公認会計士・税理士 CSアカウンティング株式会社 専務取締役 日本公認会計士協会 租税調査会 租税政策検討専門部会・専門委員 著書に「たった3つの公式で「決算書」がスッキリわかる」(宝島新書)「コレだけは知らなきゃヤバイよ!会計」(すばる舎)、「対話式で気がついたら決算書が作れるようになる本」「4週間でマスターできる経理・財務基本テキスト」「経理・財務お仕事マニュアル」(税務経理協会)、「経理・財務スキル検定[FASS]テキスト&問題集」(日本能率協会マネジメントセンター)、「節約法人税のしくみ」(祥伝社)、「はじめてのキャッシュフロー」(大成出版社)、「在庫管理がわかる」(実業之日本社)、「企業組織再生プランの法務&税務」(清文社)などがある。 ■平野 真理子(ひらの まりこ) 税理士 CSアカウンティング株式会社 経理管理事業部 第二部 部長 著書に『経理・財務お仕事マニュアル』、『経理実務(請求書、領収書編)』(税務経理協会)がある。 ■伊藤 元一(いとう げんいち) 公認会計士 CSアカウンティング株式会社 大阪支店 グループリーダー 著書に『経理実務(小切手、手形編)』(税務経理協会)がある。 ...

出版情報

「改訂版 経理・財務スキル検定FASSテキスト&問題集」が発売されました

【本書内容】 FASSは経理・財務実務のスキルを客観的に測定する検定試験です。 弊社では、実際に試験を実施する日本CFO協会の公式認定を得て本書を発刊しており、2010年5月よりリスク・コントロール・マトリックスの考え方に基づく経理・財務スキル スタンダード2.0を取り入れ内部統制分野を充実させた試験がスタートしていることから、法改正にも対応した改訂版を発刊しております。 本書は試験科目に沿って、各項目を見開き完結で解説し、項目ごとの例題を反復練習することで、基本的な知識が身につくような構成になっています。また巻末に練習問題を載せ、直前チェックを効果的に行うことができます。   【目次】   第1章 資産(売掛債権管理/在庫管理/固定資産管理 他) 第2章 決算(月次業績管理/単体決算業務/連結決算業務 他) 第3章 税務(税効果会計業務/消費税申告業務/税務調査対応 他) 第4章 資金(現金出納管理/手形管理/貸付金管理/デリバティブ取引管理 他) 第5章 内部統制(全社統制/IT統制) 練習問題     【執筆者紹介】 CSアカウンティング株式会社 専務取締役 公認会計士・税理士  中尾 篤史(なかお あつし) 経理管理第一部 部長  松野 亮(まつの りょう) 経理管理第二部 グループリーダー  今川 誠(いまがわ まこと) ...

出版情報

「たった3つの公式で『決算書』がスッキリわかる」が発売されました

決算書とは貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つを合わせた財務諸表のこと。いわば企業の成績表だ。これを読み解くには簡単なコツがある。ほとんど知られていないが、たった3つの公式を使うだけで誰でも決算書がスラスラと読めるようになるのだ。本書ではその公式をマスターする方法を、会計のプロがイラストと対話形式でやさしく解説する。子どもの頃に円周率を覚えたように理屈抜きにこの公式だけを覚えればいいのだ。会社や取引先の数字の意味を知りたい人から決算書で財務分析をしたい人まで、ビジネスパーソン必読の書。 目次 <基礎編1>  貸借対照表のたった1つの公式「資産=負債+純資産」を活用しよう!  貸借対照表をパパッと見たら、会社の歴史と現在を垣間みることができる!  1 貸借対照表は純資産を通じて損益計算書とつながっている  2 貸借借対照表は8変化を知れば怖くない 3 貸借対照表の勘定科目の配置  4 貸借対照表で経営分析をする <基礎編2>  損益計算書のたった1つの公式「利益= 収益-費用」を活用しよう   損益計算書は1年間の儲けの成績表、毎年毎年勝負が続く  1 儲けの種類を区分する  2 儲けには税金がかかる  3 損益計算書で経営分析する  <基礎編3>  キャッシュフロー計算書のたった1つの公式「キャッシュフロー=入金-出金」を活用しよう  利益よりも重視されるキャッシュフローから、お金を生み出す力を分析しよう 1 さようなら机上の利益、こんにちは現実のキャッシユ  2 キャッシュフローを改善するために <応用編2>  ヨソの会社の「連結決算書」拝見  連結ベースの決算書から企業グループの総合力を読み解こう ①[キリンHD株式会社/食料品] 不況の影響で売上伸び悩む ②[シャープ株式会社/電機] 日本家電凋落の象徴! どうなるシャープ? ③[ジェイ エフ イーHD/鉄鋼]初の最終赤字を計上した大手鉄鋼メーカーグループ ④[武田薬品工業株式会社/医薬品]巨額買収の成否がグローバル製薬企業への鍵を握る  ⑤[大成建設株式会社/建設業] 受注は堅調も、減損が響き減収  ⑥[住友不動産株式会社/不動産業]不動産市況改善により業績は増益傾向 ⑦[株式会社髙島屋/小売業] 売上縮小傾向も経費節減で営業利益増益達成 ⑧[株式会社ヤマダ電機/小売業]業界低迷に苦しむ家電専門小売業のリーディングカンパニー ⑨[株式会社ファーストリテイリング/小売業] デフレ下の勝ち組企業  ⑩[株式会社ゼンショーHD/小売業] 牛丼戦争はどこまで続く?  ⑪[株式会社マツモトキヨシHD/小売業]堅実に売上、利益を伸ばすドラッグストア最大手企業 ⑫[ヤマトHD株式会社/陸運業] 「宅急便1個につき10円寄付」が話題に  ⑬[ソフトバンク株式会社/情報・通信業] 財務体質改善は次への布石  ⑭[グリー株式会社/情報・通信業] ブームに沸くソーシャルゲームの雄 ⑮[株式会社ディー・エヌ・エー/情報・通信業]横浜ベイスターズ買収で知名度アップ  ⑯[凸版印刷株式会社/その他製品] 逆風の中、減収減益  ⑰[東海旅客鉄道株式会社/陸運業]まさにドル箱、東海道新幹線を保有する民間会社 ...

出版情報

「外国人従業員の労務 -給与・社会保険・労働保険-」が発売されました

外資系企業に限らず、日系企業でも外国人の従業員が勤務していることが珍しくなくなってきています。  外国人従業員を採用する際には、在留カードを確認したり、外国人雇用状況報告書などを作成したりする必要があります。(※一部例外もあります。)給料計算の際には居住者・非居住者の区分の違いにより給与から控除される所得税の額が変わることもあります。  こういった外国人従業員特有の手続については日本人にはなじみのない部分になるため、慣れていない人事担当者にとっては取り扱いがわからず苦労することも多いものです。  また日本で勤務する外国人従業員にとっても、日本の労働基準法社会保険の制度や自分自身の労働条件、また給与から控除される所得税の計算方法について等わからないことも多く、不安に感じることが多いようです。  本書は、外国人従業員を雇用する際に必要な社会保険や給料計算の手続について、体系立てて説明しています。また社内で必要な書類の様式例や記入例、英文の様式例も入れ、実務でも使いやすいよう執筆致しましたので、是非一度お手に取って頂けますと幸いでございます。 ...

出版情報

「たった3つの公式で私でもわかる決算書」が宝島社より発売されました。

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つを合わせて、決算書と呼んでいます。決算書は、たとえてみれば学校の成績表のことです。この成績表を読むには、コツがあります。  これまで誰も書いてはいませんが、次の3つの公式を使えば簡単に読み解けるのです。貸借対照表公式(1)「資産=負債+純資産」、損益計算書公式(2)「利益=収益-費用」、キャッシュフロー計算書公式(3)「キャッシュフロー=入金-出金」。これらは数字であらわされた資料という見方もできます。決算書は社員には必読ですし、自社だけではなくライバル社のものも読んでおきたいものです。  本書は解説を二人の対話形式でなされますので、誰にでも理解が深められ、また20社の実際の連結決算書も解説しており、即戦力となる一冊ですので是非一度お手に取ってみていただけますと幸いでございます。 【執筆者紹介】 ■中尾 篤史(なかお あつし) 公認会計士・税理士 太田昭和監査法人、辻・本郷税理士法人を経て、現在は辻・本郷 税理士法人グループにおける、会計・人事のアウトソーシング・コンサルティングに特化したCSアカウンティング(株)の専務取締役として、中小企業から上場企業およびその子会社向けに会計・税務のサービスをひろく提供している。編共著書:『たった3つの公式で「決算書」がスッキリわかる』(宝島社新書)、『アウトソーシング時代の経理』(税務経理教会)、『コレだけは知らなきゃヤバイよ! 会計』(すばる舎)、『対話式で気がついたら決算書が作れるようになる本』、『経理・財務スキル検定[FASS]テキスト&問題集』(日本能率協会マネジメントセンター)、『節約 法人税のしくみ』(祥伝社)、『在庫管理がわかる』(実業之日本社)、『企業組織再生プランの法務&税務』(清文社)など多数。 ...

出版情報

「海外赴任者の労務 ―給与・社会保険・労働保険―」が発売されました

「当社の従業員が海外に赴任することになったのですが、従業員の給料計算や社会保険については、どんな手続きが必要でしょうか?」 海外転勤が日常的に行われている大手の外資系企業であれば、手続の事例や資料などが社内にありますし、仕事を教えてくれる上司やベテランの先輩社員もいることと思います。しかしながら、従業員数の少ない中小企業では、従業員の海外赴任といったケースが多くないことや、人事部そのものがなく、総務や経理、給与計算や社会保険などを1人のスタッフで行っているケースが比較的多く見受けられます。このような組織では、社内で実務を教えてくれる先輩社員もいなければ、事例や資料なども社内にはないと思います。ましてや他社でどのように対応しているか調べることも至難の業です。 本書では、そのような少人数の企業で社会保険事務や給与計算業務を行っている方々が、自社の従業員が海外赴任の際に必要な一通りの業務を行えることを目的として執筆致しました。 海外に進出する企業の人事担当者や海外赴任者本人またはその家族など、皆様にとって、本書が少しでもお役に立つことができれば幸いでございます。 【目次】 第1章 海外進出の決定 第2章 海外赴任の準備 第3章 赴任時の手続 1 社会保険・労働保険に関する手続 2 給与に関する手続 第4章 赴任中の手続 1 社会保険・労働保険に関する手続 2 国内法人から支払う給与 3 現地で支払う給与 4 税務上の留意点 5 その他の留意点 第5章 赴任中に退職した場合 第6章 帰国後の手続 1 社会保険・労働保険等に関する手続 2 給与に関する手続 3 その他の留意点 ...

出版情報

「これならできる!経理実務 小切手・手形編 ―簿記の問題を解くだけではみえてこない経理の実務―」が発売されました

簿記を勉強され、経理の現場に出て仕事をされたばかりの方の中には、机上で学習した簿記の知識だけでは実務がうまくいかなくて、歯がゆい思いをされている方も多いと思います。「初めて小切手を振り出すんだけど、どうやって作るのかがわからない」「手形を受け取ったけど、記載内容に間違いがないのかどうかわからず困ってしまった」そんなことにならないための一助になればと思い、本書を刊行するに至りました。  本書では、簿記で学んだ知識と経理の実務との間のギャップを埋めるために、実際の作業ができるよう多くのサンプルの用意や作業を解説だけではなく業務の目的が理解できるようその背景について書くようにしました。また、法律からの視点や会計・税務からの視点、内部統制からの視点という3つの視点でひとつの事象を考えることで幅広い視野が持てるように工夫を施しました。  本書が初めて経理の現場に配属された方やこれから経理の実務を学んでいこうと考えている多くの方にお手に取っていただけますと幸いでございます。 【目次】 第1章 小切手の実務  ・小切手ってなんだろう  ・小切手の見本  ・当座預金口座を開設しよう  ・小切手は経理部のどこにある?  ・小切手を振り出してみよう  ・小切手を受け取ったら  ・先日付小切手とは  ・線引小切手とは?  ・自己宛小切手(預金小切手)とは?  ・手形交換所の仕組みとは?  ・不渡りとは? 第2章 手形の実務  ・手形ってなんだろう  ・手形の見本  ・手形は経理部のどこにある?  ・手形を振り出してみよう  ・手形を受け取ったら  ・手形の裏書とは?  ・手形の割引とは?  ・手形のジャンプとは?  ・融通手形とは? 参考資料 当座勘定規定 【執筆者】 専務取締役 中尾 篤史 ...