当社の強み

経理アウトソーシング

CSアカウンティングのアウトソーシングでお客様の「業務効率向上」、「コア業務への注力」、「経営コスト削減」を実現します。

経理業務のアウトソーシングが注目されています。アウトソーシングとは、自社の業務プロセスを専門企業に外部委託することを指します。
近年、会計基準の国際化や四半期報告制度の導入、コンプライアンスの遵守、個人情報保護の徹底、内部統制強化など、社内業務の複雑化・高度化が進んでおり、経理・人事部門への負担が増加しています。
一方で、労働人口の変化により人材の確保が困難になる中で、人を選ばない業務運営が重要になってきています。
経理部門の負担軽減や業務効率化につなげるために、アウトソーシングを推奨します

会計・経理アウトソーシングの課題

課題例

  • 経理担当者の退職や会計制度の変更などにより業務の整備が追いつかない状況が慢性化している
  • 経営陣から月次決算の精度向上を求められているが、社内にノウハウの蓄積がなく、また、経理スタッフの負担が限界に達しつつある
  • 会計、税務、給与ごとに複数のアウトソーサーに委託しており、相互に十分に連携が取れていないなど非効率な状況が続いている
  • グループ子会社の経理業務を親会社で担当し、経理担当者の負担が増大している

解決のご提案

CSアカウンティングでは、会計・税務、人事・労務に関する幅広い知識と豊富な経験を有するプロフェッショナルスタッフが、お客様に最適な業務プロセスをオーダーメイドでご提案することにより、業務効率化と品質向上に向けた改善が図られます。
また、CSアカウンティングが提供する幅広いサービスメニューにより、各業務を個別のアウトソーサーに依頼することなく一括受託が可能なため、効率的なアウトソーシングを実現いたします。

会計・経理アウトソーシングの課題に解決のご提案 会計・経理アウトソーシングの課題に解決のご提案
  • 専門家による品質管理
  • システムの維持コストを削減
  • 業務効率向上
  • 業務フローの標準化
  • コスト削減
  • 月次・決算の早期化
  • コア業務への注力
  • SPCなど特殊な組織形態の会社に対応
  • ワンストップサービスによる一元管理
  • リアルタイムな情報提供
  • 経理コストを固定費から変動費に

人事・労務アウトソーシングの課題

課題例

  • 人事担当者の急な退職にあたり、多岐にわたる煩雑な業務の引継ぎが間に合わない
  • 全国に拠点があり、アルバイトの入退職が多いことから社会保険の手続きが煩雑で手間がかかる
  • 社会動向に合わせ、評価制度を見直したり、女性社員などに対する多様化した働き方への対応が求められている
  • 煩雑な法改正、制度改正に人事担当者が対応できない

解決のご提案

CSアカウンティングの人事・労務アウトソーシングは、勤怠管理・給与計算・社会保険を一元化することにより、お客様が本来従事すべきコア業務へのシフトを促進します。
また、従来のアウトソーシングとは一線を画し、コスト削減を図るだけでなく、社会保険労務士などの経験豊富な専門家がお客様のよき相談相手となり、人事・労務に関する問題を高品質かつスピーディーに解決します。

人事・労務アウトソーシングの課題に解決のご提案 人事・労務アウトソーシングの課題に解決のご提案
  • 専門家による品質管理
  • システムの維持コストを削減
  • 業務効率向上
  • 業務フローの標準化
  • コスト削減
  • 個人情報漏洩の防止
  • コア業務への注力
  • 煩雑な法改正、制度改正への対応
  • ワンストップサービスによる一元管理
  • 人事労務に関する相談ができる

こちらのサービスにご興味をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせください。

コストカットだけじゃない!経理のアウトソーシングで業務改善!

世界的にみて、日本はアウトソーシングの利用があまり進んでいないと言えます。とは言え、国内のアウトソーシングの市場規模は年々増加しています。2017年の市場規模は前年比4.7%増の7,346億円で、2022年には8,769億円にまで達すると予測されています(IDC Japan株式会社調査、2018年4月4日発表)。

経理業務のアウトソーシングは、業務改善に有効です。経理業務のアウトソーシングについて、概要やメリット・デメリットなどについて解説します。

1_10131020474.jpg

アウトソーシングとは何か?

アウトソーシングは、「Out + Sourcing」から生まれた言葉で、日本語では「外部資源化」と訳します。この意味としては、二通りの解釈ができます。

1つは、「自社の資源を外部化する」という意味で、もう1つは「外部の資源を活用する」という意味です。一般的には「企業が自社の業務を専門事業者に外部委託する」ことを指して、「アウトソーシング」という言葉を使います。

「アウトソーシング」と似た言葉に「BPO」があります。BPOは、「business process outsourcing(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)」の略語で、日本語の単語としては「アウトソーシング」とほぼ同じ意味です。また、アウトソーシングの委託先企業を「アウトソーサー」といいます。

「企業が自社の業務を専門事業者に外部委託する」対象となる業務には、さまざまなものがあります。支援業務では、税務、法務、情報システム開発、警備などです。直接業務では、広告・制作・デザイン、翻訳・通訳、貿易事務、物流など多岐にわたります。アウトソーシングの代表的な分野は、経理、人事、購買、顧客接点の4分野です。

そのなかでも経理業務には、グローバルな業務標準化の流れがきています。IFRS(国際財務報告基準)などの会計基準標準化が、大きく影響しているからです。この国際的な標準化を進めるうえで、鍵となるのがアウトソーシングです。大手のアウトソーサーなら、国ごとに異なる財務・経理業務をまとめて受託し、業務の標準化を進めることができるからです。

日本の経理アウトソーシングの現状

日本はアウトソーシングビジネスの後進国であり、国際アウトソーシング専門家協会(IAOP)が発表する「The 2018 Global Outsourcing 100」によれば、このランキングに日本企業はほとんどランクインしていません。日本においては、みずほ情報総研が経済産業省から受託した「平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(米国におけるサービス産業等のIT活用実態調査)調査報告書」によると、総務部門と人事部門では半数以上がアウトソーシングを活用していますが、経理部門では17.9%とアウトソーシングを活用している企業が少ないというデータがあります。また、分野別にみると、総務部門では「オフィスサービス業務」、人事部門では「給与・賞与計算業務」「福利厚生業務」、経理部門では「支払い業務」「決算関連業務」において、アウトソーシングの利用が多いようです。

近年のアウトソーシングの特徴として、単純なオペレーションだけでなく、業務プロセスの全体を外部委託する傾向があります。短期的にコストを削減するだけでなく、中長期的に企業を構造改革するために、アウトソーシングを利用する企業が増えてきたと言えるでしょう。

経理業務をアウトソーシングするメリット・デメリット

上記で解説したように、企業内のあらゆる業務はアウトソーシングすることができます。では、経理業務をアウトソーシングする際には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

たとえば、給与計算をアウトソーシングする場合、アウトソーサーは給与計算処理に必要なシステムや社会保険労務士を抱えています。アウトソーシングを発注する企業は、それら専門の仕組みやスキルを自社でまかなう必要がなくなるので、コストを抑えることが可能です。

以下、経理業務をアウトソーシングする際のメリットとデメリットをご紹介します。経理業務の改善を考えている場合には、ぜひ参考にしてください。

メリット

  • 業務コスト(人件費やオペレーションコスト)を削減できる
  • 人手不足を補える
  • 業務を専門家にまかせることにより、自社のコア業務に集中できる
  • 業務の標準化を推進できる
  • 組織の構造改革ができる

デメリット

  • コストメリットがない場合がある
  • サービスの品質に不安がある
  • 自社ノウハウの流出に不安がある
  • 個人情報や機密情報の流出に不安がある
  • 社内の人材が育たなくなる

アウトソーシングと言うと、コストカットのイメージが強いでしょう。しかし、実際のアウトソーシングのメリットをみると、コストカットだけではなく「自社のコア業務への集中」や「組織の構造改革」など、アウトソーシングが全社的な業務改善に役立つことがわかります。

経理業務をアウトソーシングする際は、上記のようなメリットとデメリットを比較、検討して進めることが重要です。

経理業務のアウトソーシングのポイントと注意点

経理業務をアウトソーシングする際に、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。ポイントは2つあります。

アウトソーシングのポイント
(1) アウトソーシング先から情報が洩れないよう、セキュリティに気をつける

1つめは、セキュリティに気をつけることです。経理業務は会社の根幹に関わることなので、情報漏えいには徹底的な対策が必要です。経理をアウトソーシングする場合には、ある程度の実績と信頼感のある大きな会社に依頼するのが安全と言えるでしょう。また、アウトソーサーが情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)など、セキュリティに関する認証を取得しているかどうかも安全性の目安になります。



(2) アウトソーシング先の営業担当者と密に連絡をとる

2つめは、アウトソーシング委託先との連携を高めることです。業務をアウトソーシングするからといって、その部門を丸投げするわけにはいきません。アウトソーシング委託先の営業担当者に自社の状況を細かく伝え、密に連絡をとりながら、アウトソーシングにおけるデメリットについて問題解決していく必要があります。営業担当者のレスポンスの早さも、アウトソーシングの委託先を選定する際に考慮すると良いでしょう。

アウトソーシングの注意点

さらに、注意点として考えておかなければならないのは次の2点です。



(1) 案件の規模により価格帯が異なる

1つめは、アウトソーシングの価格帯に幅があるということです。大企業が行うような子会社も含めた経理システムの統合・標準化を行う超大型案件から、中小企業が経理にアウトソーシングを取り入れる小規模なものまで、事業の規模に大きな振り幅があります。そのため、実際にアウトソーサーにコンタクトをとるまでは、どれくらいの費用がかかるのか、わかりにくいことがあります。アウトソーサーには自社の要望を細かく伝え、見積もりを出してもらうようにしましょう。



(2) 料金によってはアウトソーシングする意味がなくなってしまう

2つめは、経理をアウトソーシングしても当初に考えていたようなコストカットができない場合がある点です。前述の経産省の調査によると、アウトソーシングの利用目的としては29.2%の企業がコスト削減を挙げていますが、コスト削減効果を得られたと回答した企業は20.1%にとどまっています。

これら2つの理由があるため、業務改善を進めるためのアウトソーシングを考える場合には、アウトソーサーに見積もりを出してもらうのがベストでしょう。業務改善には、事前の綿密な打ち合わせが大切です。

アウトソーシングを利用する際に可能性のある課題

最後に経理業務においてアウトソーシングを利用する際に、発生する可能性のある課題を紹介します。こちらも、ぜひ参考にしてください。



1. 組織的な課題

業務をアウトソーシングするためには、委託する業務を自社の組織から切り離して考えることが重要です。その際に、社内の業務プロセスが可視化・標準化しておらず、業務を切り離すこと自体が難しい場合があります。欧米では、アウトソーシングの対象となった部門の社員を、アウトソーシングの委託先に転籍させる臨機応変な対応が一般的です。しかし、日本の場合は退職金制度や年金制度があるので、そのような柔軟な配置転換ができない場合が多いと言えるでしょう。



2. 心理的な課題

自社の業務をアウトソーシングすることに対して抵抗感(今のままで良いという保守的な思考)があり、社内調整や導入決定に時間がかかる場合があります。具体的には、以下のような従業員の心理状況が挙げられます。


  • 従来のやり方を変えることに対する抵抗感が強く、業務改善が難しい
  • アウトソーシングの導入成果として「コスト削減」の印象が強いため、現場は「アウトソーシング=リストラ」と捉え、アウトソーシングに対する拒否反応が出てしまう


3.商慣行の課題

日本企業特有の「あいまいなことは言わない」といった、商慣習の課題があります。以下のような問題への対応策が必要となるでしょう。


  • 間接業務のコストに対する意識の低さから、間接業務の当事者にアウトソーシングによる効果が実感されにくい
  • 仕様書があいまいな契約を締結し、納期の延長や追加料金が発生する場合がある


4. 制度的な課題

業務改善に対して想定外の問題が発生する場合もあります。それは、企業のシステムや社員の心理状況など多岐にわたります。あらかじめ社内の制度や状況を把握しておき、アウトソーシングを利用する際に発生する以下のような課題について、社内調整をする必要があるでしょう。


  • 複雑な法制度や行政手続きの電子化の遅れなどにより、業務プロセスの標準化が難しい
  • 一部の業務で社会保険労務士や税理士などに業務が独占されており、アウトソーサー企業が参入できない場合がある

まとめ

前述の経産省の調査によれば、「専門的知識・ スキルの活用」「組織のスリム化」「業務プロセスの改善」「業務継続性の確保」などにおいては、当初の想定以上の効果が得られたということです。コスト削減以外にも、アウトソーシングにはさまざまな効果があると言えるでしょう。

これまで解説してきたように、アウトソーシングにはさまざまな課題があるものの、多くのメリットがあります。経理業務の効率化を進めるために、選択肢としてアウトソーシングを検討してみるのはいかがでしょうか。

こちらのサービスにご興味をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせください。

参考: