お役立ちコラム

会計・経理

源泉所得税 コラム一覧

259コラム

源泉所得税の納期の特例の対象となる税理士報酬について
私の会社は社員5人にも満たない小さな会社です。業務上の手間を省くこともあり、給与や報酬の源泉所得税は、納期の特例を申請しており、年2回納付しております。弊社には顧問税理士がおり毎月の顧問料は3万円です。先日弊社のお客様向けにその顧問税...
個人型確定拠出年金(個人型DC)の所得税の優遇措置について
個人型確定拠出年金(個人型DC)の所得控除について教えてください。
業務のための電話料金の補助をした場合の課税関係について
当社では、従業員の携帯電話を業務上使用したときはその費用を負担することとしていますが、使用する都度の精算の煩雑さを避けるため、毎月2,000円の補助金を支給することとしました。これまでの実績からみて毎月2,000円を超える金額の業...
審査員に対する謝金
当社は、音楽コンクールを開催することになり、審査を音楽家に依頼し謝礼を支払います。源泉徴収の対象となりますか。
個人が非居住者に対して支払う家賃
新居を借りる事になりましたが、家主がアメリカ人(米国在住)という事が分かりました。以前に知り合いから外国人に不動産の賃借料を払う場合には、源泉徴収が必要だと聞いたことがあります。私はサラリーマンですが、源泉徴収する必要がありますで...
カフェテリアプランによる自社製品購入の補助を受けた場合の課税関係について
当社のカフェテリアプランのメニューには、自社製品購入に関するもの(社員割引での販売に際し、更にポイントを利用して購入ができるというもの)がありますが、このメニューを利用することにより従業員等が受ける経済的利益に関し課税する必要があ...
源泉所得税及び復興特別所得税額を納め過ぎたとき
従業員給与の源泉所得税及び復興特別所得税を納めすぎてしまったのですがどうすればよいでしょうか。
28年度改正における通勤手当非課税限度額引き上げの支払時期と適用関係について
税制改正により通勤手当非課税限度額が引き上げられたと聞きましたが、弊社では5月支払い分まで改正前の非課税規定で計算をしておりました。改正後の適用の範囲と過納となる所得税はどのようになるのかを教えてください。
カフェテリアプランによる旅行費用等の補助を受けた場合の課税関係について
当社のカフェテリアプランのメニューには、旅行費用等の補助に関するものがあります。これらのメニューを利用することにより従業員等が受ける経済的利益に関し課税する必要がありますか?なお、具体的な内容は以下になります。 ・旅行費用、レジャ...
カフェテリアプランによる医療費等の補助を受けた場合の課税関係について
当社のカフェテリアプランのメニューには、健康サポート関連のものとして、神経症、精神病、アルコール中毒等の早期発見、再発防止などに係る費用の補助や、医師の診断に基づく健康増進施設・運動療養施設の利用費用を実費の範囲内(限度額:年間5...