お役立ちコラム

個人型確定拠出年金(個人型DC)の所得税の優遇措置について

個人型確定拠出年金(個人型DC)の所得控除について教えてください。

支払う掛金は全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象となるほか、給付金を年金で受取る場合には「公的年金等控除」、一時金で受取る場合には「退職所得課税」が適用されます。

個人型確定拠出年金(個人型DC)は、加入者本人が拠出した掛金の運用方法を決定し、その運用の結果に基づいて給付を受ける制度です。老齢給付金は原則60歳から年金または一時金で受取ることができ、障害給付金の場合は本人が年金または一時金で、死亡一時金の場合は遺族が一時金で受取れます。

個人型確定拠出年金(個人型DC)は、企業年金等に加入していない厚生年金被保険者、国民年金第1号被保険者(自営業の方等)であれば、個人型年金に加入し、掛金の拠出を行うことができます。

税制上のメリットは、①掛金全額が所得控除できる。②運用益が全額非課税になる。等があります。

気を付けなければいけない点は①運用リスクは加入者本人が負う。②手数料を負担する。③掛金を途中で引き出すことができない。等があります。

 

 <参考文献等>

国民年金基金連合会HP
http://www.npfa.or.jp/401K/

関連コラム

特定支出控除に関する見直し(平成30年度税制改正)
特定支出控除について、平成30年度にも新たな見直しが行われました。 p; 平成30年度での見直し事項 イ 特定支出の範囲に、職務の遂行に直接必要な旅費等で通常必要と認められるものを加える。 ロ 特定支出の範囲に含まれている単身赴任…
ふるさと納税ワンストップ特例を受けるための手続きについて
ふるさと納税をしたのですが、控除を受けるためには何をすれば良いですか?
ふるさと納税の税金の控除について
ふるさと納税は、税金の控除がありますが、どのような控除がありますか。
期限後申告における青色申告特別控除の適用について
私は個人事業主で青色申告によって所得税確定申告書を提出しております。ただ、今年は2月から3月にかけて業務が忙しく3月15日の確定申告提出期限までに所得税確定申告書を税務署に提出出来ませんでした。そのため、期限後に確定申告書を提出する予定で…
通勤手当の非課税限度額について
当社にはマイカー通勤をしている社員が在籍しておりますが、その社員の通勤手当の非課税額はどのように取り扱うべきでしょうか??

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。