お役立ちコラム

平成29年1月より、育児・介護休業法が改正されます。

平成29年1月より、育児・介護休業法が改正されるそうですが、内容について教えてください。

平成29年1月より、育児・介護休業法が改正されます。

主な改正点は次の通りです。

① 育児・介護休業を請求できる有期契約社員の範囲拡大

② 子の看護休暇・介護休暇の付与単位の変更(暦日⇒半日)

③ 介護を行う社員が請求した場合、所定外労働を免除

④ 介護を行う社員に対する短時間勤務等の勤務措置の利用期間の見直し

⑤ 介護休業の取得回数が原則1回⇒3回へ

⑥ 育児休業利用など、制度を利用したことによる不利益取扱いを防止する雇用管理措置が義務化

来年に入る前に、就業規則、育児・介護休業規程等の見直しや、社内運用を見直す必要がありそうです。ご注意下さい。

関連コラム

男女の賃金差異の公表が義務化されます!
令和4年7月8日に女性活躍推進法に関する制度改正がされ、情報公表項目に「男女の賃金の差異」を追加するともに、常時雇用する労働者が301人以上の一般事業主に対して、当該項目の公表が義務づけられることとなりました。【法改正の背景】日本における男…
【最高裁判決】同一労働同一賃金
p; 2020年10月13日に、大阪医科大学(現大阪医科薬科大学)、メトロコマース裁判。続いて10月15日には、日本郵便裁判3件の最高裁判決が相次いで出されました。 いずれも高裁判決からの逆転判決として話題になっています。 3件…
募集、採用時に提示した労働条件をめぐるトラブル防止
求人票にて明示した労働条件を、その後の面接結果を踏まえて変更したいと考えています。何か法規制が有るのでしょうか?もし有れば教えて下さい。
短時間労働者の社会保険適用拡大後の4分の3基準について
平成28年10月1日以降、短時間労働者に対する社会保険の適用が拡大されますが、取得基準である「4分の3基準」はどのように判断すればよいでしょうか?
育児休業後の短時間勤務の申し出には応じる必要がありますか?
育児休業後に復帰した社員から、短時間勤務の申し出がありました。この場合、短時間勤務にする必要があるのでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。