お役立ちコラム

自己申告制による時間外労働時間の把握について

時間外労働時間を労働者の自己申告により把握する場合はどのような点に留意が必要ですか。

十分な説明や実態調査、上限設定を行わないことが必要となります。

自己申告制は、運用如何によって労働時間の把握が曖昧となり、その結果割増賃金の未払い等の問題が生じるので、原則としては、使用者が現認するなどして把握すべきですが、自己申告による場合は、労働者が適正な申告を行うよう十分な説明をするほか、自己申告が適正にされているか、適宜実態調査することなどが必要です。詳しくは、厚生労働省「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン(平成29年1月20日策定)」をご覧ください。

関連コラム

会社は副業を認める必要があるのでしょうか。副業解禁の流れについて解説します。
2021年9月21日付けの日本経済新聞の報道にて、塩野義製薬は希望する社員に対して週休3日で働ける制度を来年4月から導入する方針であり、制度開始に合わせて社員の副業も解禁すると報じられました。その他の会社を見ましても、キリンホールディングス…
【労働者数101人以上の企業は新たな義務対象に】女性活躍推進法の改正を解説します!
令和元年5月29日、女性活躍推進法等の一部を改正する法律が成立し、令和元年6月5日に公布されました。その改正内容のひとつに「一般事業主行動計画の策定義務の対象拡大」があります。これは女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定・届出義務、…
働き方改革の推進に向けて、今こそフレックスタイム制度を導入しましょう!
皆様はフレックスタイム制度の導入を一度はご検討されたことはありますでしょうか。『労働時間管理がむしろ手間になるのではないか』『従業員が好きな時間に出社するようになるとコミュニケーション不足になるのでは』『制度の導入準備のハードルが高そうで導…
【最高裁判決】同一労働同一賃金
p; 2020年10月13日に、大阪医科大学(現大阪医科薬科大学)、メトロコマース裁判。続いて10月15日には、日本郵便裁判3件の最高裁判決が相次いで出されました。 いずれも高裁判決からの逆転判決として話題になっています。 3件…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。