お役立ちコラム

社長は労災保険に加入できないのでしょうか?

社長は労災保険に加入できないのでしょうか?

労災保険は本来、労働者の業務または通勤による災害に対して保険給付を行う制度ですが、労働者以外でも、その業務の実情、災害の発生状況などからみて、特に労働者に準じて保護することが適当であると認められる一定の人には特別に任意加入を認めています。これが特別加入制度です。中小事業主の社長であれば、第一種特別加入者として特別加入することが可能です。

・中小事業主等(第一種特別加入者)

 <特別加入者の範囲>

中小事業主等とは以下の①、②に当たる場合をいいます。

① 常時300人(卸売業またはサービス業は100人、金融業・保険業・不動産業・小売業は50人)以下の労働者を使用する事業主

② 労働者以外で①の事業主の事業に従事する人(事業主の家族従事者や、中小事業主が法人その他の団体である場合の代表者以外の役員など)

<加入手続き>

雇用する労働者について保険関係が成立し、労働保険の事務処理を労働保険事務組合に委託している事が加入要件となり、労働保険事務組合を通じて手続きを行います。

関連コラム

社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
労働保険料の口座振替を利用している場合でも、納付書を用いて納付することが可能か。
現在、労働保険料の口座振替を利用しているのですが、送付されてくる申告書の「領収済通知書」を使用して金融機関に納付してもいいですか?
未支給給付の横断整理
未支給給付とは?また、給付を受けられる遺族の範囲は?
テレワーク時の労災保険の適用
テレワーク実施者であっても業務災害の保険給付を受けることができるのでしょうか。
海外派遣と海外出張の労災保険上の違いについて
海外派遣と海外出張の労災保険上の違いについて教えて下さい。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。