お役立ちコラム

今年の年末調整での改正点を教えてください。

今年の年末調整においての改正点を簡単に教えてください。

年齢16歳未満の扶養親族(年少扶養親族)に対する扶養控除

(38万円)の廃止

H22年から始まった子ども手当の支給に伴い、H23年からは対象である中学生以下(年齢16歳未満)に対する扶養控除が廃止されました。

特定扶養親族の範囲を、年齢19歳以上23歳未満に変更

これまで16歳以上23歳未満が対象とされていた特定扶養親族の範囲ですが、これもやはり子ども手当の財源確保などを理由に19歳以上と変更になりました。これにより16歳以上19歳未満の方の上乗せ控除(25万円)が廃止されました。

今回の年末調整における控除対象扶養親族は平成8年1月1日以前生まれ、控除の対象から外れる年少扶養親族は平成8年1月2日以後生まれのお子様になります。

関連コラム

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて
平成29年度税制改正により、「配偶者控除および配偶者特別控除」の取り扱いが変更されました。この改正は平成30年分以後の所得税について適用されます。今回は、平成30年以降に注意が必要なポイントをご紹介いたします。 p; p;…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。