お役立ちコラム

賞与時の社会保険料の算出方法について教えてください。

賞与にかかる社会保険料計算がよくわかりません。教えていただけますでしょうか。

平成15年4月より賞与に対しても給与同様、通常の社会保険料と同様の保険料率が適用となりました。ただし、賞与を支給した時期によっては保険料を控除する必要がない場合があります。保険料が控除される場合とされない場合は以下のとおりとなります。

● 資格取得および喪失時

  資格を取得した月以降に支給された賞与は、保険料を控除する対象となります。ただし、同月であっても、資格取得日以前に支給された賞与等は保険料を控除する対象になりません。また、資格を喪失した月と同月に支給された賞与も保険料を控除する対象になりません。

● 介護保険料(40歳到達時、65歳到達時)

  賞与にかかる介護保険料は月ごとの報酬の取扱いとあわせて行なうため、40歳に到達する月に支給した賞与(誕生日以前の支給も含む)は介護保険料の対象となります。また、65歳に到達する月に支給した賞与(誕生日以前の支給も含む)は介護保険料の対象になりません。

● 育児休業開始時・終了時

  育児休業等を開始した日の属する月に支給した賞与については、月ごとの報酬にかかわる保険料と同じく、免除の対象となります。また、育児休業等を終了する日の翌日が属する月に支給した賞与は保険料の免除の対象となりません。

関連コラム

『給与のデジタル払い』解禁で何が変わるのでしょうか?
現在、厚生労働省の労働政策審議会において「給与のデジタル払い」について議論されています。早ければ2021年内での制度化も視野に入れているという本施策ですが、企業と従業員はどう変化するのか。要点をまとめて解説します。【給与デジタル払いとは】給…
配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて
平成29年度税制改正により、「配偶者控除および配偶者特別控除」の取り扱いが変更されました。この改正は平成30年分以後の所得税について適用されます。今回は、平成30年以降に注意が必要なポイントをご紹介いたします。 p; p;…
同一労働同一賃金について企業側の対応
同一労働同一賃金が話題になっていますが、企業側は具体的に何をすればいいのでしょうか。
増税に伴う通勤交通費の変更も随時改定の対象になりますか?
増税に伴い通勤交通費の変更が発生しますが、これは随時改定(月額変更)の対象となりますか?
児童手当の額についておしえてください。
児童手当の受給額を教えてください。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。