お役立ちコラム

子ども手当について教えてください。

子ども手当について教えてください。

子ども手当とは次代の社会を担う子どもの育ちを支援するため、平成22年度において、中学校修了前までの子どもについて、手当が支給される制度です。

中学校修了までの子ども一人につき、月額1万3千円(所得制限なし)の子ども手当が父母等に支給されます。なお、受給するためには「子ども手当認定請求書」に記載し、必要書類を添付して市区町村(公務員は所属庁)に申請する必要があります。申請手続きの方法は各市町村によっても異なりますので、何かご不明な点がある際はお住まいの市区町村へお問い合わせください。

また、あまり知られていないことですが、子ども手当の全部又は一部の支給を受けずに、子ども・子育て支援の事業に活かす為に、市区町村に寄付を行うことも可能です。手続き方法についてはお住まいの市区町村へお問い合わせください。

関連コラム

『給与のデジタル払い』解禁で何が変わるのでしょうか?
現在、厚生労働省の労働政策審議会において「給与のデジタル払い」について議論されています。早ければ2021年内での制度化も視野に入れているという本施策ですが、企業と従業員はどう変化するのか。要点をまとめて解説します。【給与デジタル払いとは】給…
給与計算アウトソーシングのすすめ
p; 従業員を雇えば毎月発生する給与計算。貴社では毎月何時間かけて行われているのか考えてみた事はございますか?給与計算には月次業務のみならず年次業務も発生するので、年間で発生する作業時間は想定していたよりも実際には多い事が散見…
兼業・副業と社会保険手続き
目次 p; Q1.兼業・副業に興味があるのですが、私も兼業・副業出来るのでしょうか? Q2.兼業・副業で2カ所以上の会社で勤務する場合、2ヶ所以上で健康保険の加入手続きを行うのですか? Q3.そもそも、社会保険の加入条件は何でしょ…
財形貯蓄
財形制度に加入している従業員が育児休業を取得する場合の財形取扱いについて留意する事はありますか?
年末調整で申告した配偶者の合計所得金額の見積額と確定額に差異が発生した場合
年末調整で「給与所得者の配偶者控除等申告書」に記載した配偶者の合計所得金額の見積額と、その確定額に差が生じた場合、どのように処理を行えばいいでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。