大手旅客運送業会社の子会社 連結決算対象会社を30社程度

アウトソーシングにより、グループ全体で経理部をスリム化!

課題
  • 月次決算、四半期決算における締切日が短く、経理スタッフに大きな負荷がかかっている。そのため、業務品質の保持、業務の標準化・平準化を同時に実現したい。
  • 経理業務フローを整備し、業務の効率化を図りたい。
効果
  • グループ全体で経理部門をスリム化し、コスト削減を実現できた。
  • 子会社の経理業務フローの見直しと整備により、業務を標準化することができた。
  • 定型業務をRPAによる自動化することで、グループ全体の業務を標準化し、月次決算の早期化を実現できた。
  • 会計と税務のスムーズな業務連携により、決算早期化を実現できた。

導入前の背景

月次決算や四半期決算における締切日が短く、経理スタッフに大きな負荷がかかっていました。そのため、業務品質の保持、業務の標準化・平準化の実現が課題となっていました。また、税額算出作業が決算プロセスと分離しており、スムーズな決算作業の阻害要因になっているなど、業務フローにも問題がありました。

導入のポイント

日常業務から決算、申告業務に至るまで、定型業務から難易度の高い業務を一括してアウトソーシングすることにより、業務の標準化・平準化を目指しました。

導入サービスの概要

  • 月次決算
  • 決算および税務申告(連結納税)
  • 連結システム入力
  • 支払業務
導入までの流れ
導入までの流れ 導入までの流れ

導入効果

  • 1.日常業務から決算、申告業務に至るまで、定型業務から難易度の高い業務まで一括してアウトソーシングすることにより、経理部のスリム化が実現しました。
  • 2.経理業務フローの見直し、整備により、効率的に業務の実施が可能となり、また、グループ企業内における処理ルールを統一化することが出来ました。
  • 3.定型業務をRPAによる自動化することができるよう、グループ全体の業務を標準化し、月次決算の早期化が実現できました。
  • 4.会計と税務の業務連携により決算早期化が実現しました。

導入サービスのご紹介

こちらのサービスにご興味をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせください。