お役立ちコラム

消費税法上の開業日とは?新規開業した場合の課税事業者選択届出書の提出期限

私は歯科医師ですが、個人で開業し歯科医院を運営することとなりました。開業してすぐは設備投資が多いため、消費税の還付を受けるべく課税事業者選択届出書を提出する予定です。

歯科診療業務に必要な材料や器具の購入は今年の8/1から開始しており、診療は来年の6/1に開始する予定ですが、届出書は、いつまでに提出する必要がありますか?

課税事業者選択届出書の提出期限は、原則として、適用を受けようとする課税期間の初日の前日までとなっています。しかし、適用を受けようとする課税期間が課税資産の譲渡等に係る事業を開始した日の属する課税期間である場合は、例外として、その課税期間中に提出すれば良いこととなっています。

 したがって、ご質問の事例では、「課税資産の譲渡等に係る事業を開始した日」がいつなのかが問題となります。法令には明確な規定がありませんが、国税不服審判所の裁決が参考になります。

 平成29年6月16日裁決では、次の(1)~(3)を根拠に、新たに事業を行うに当たり必要な準備行為を行った日の属する課税期間は、「課税資産の譲渡等に係る事業を開始した日の属する課税期間」に該当すると解するのが相当であるとしています。

 (1)消費税法第9条第4項は、原則として、免税事業者となる者であっても、消費税課税事業者選択届出書を提出した場合には、その日の属する課税期間の翌課税期間から課税事業者となるものとしつつ、消費税課税事業者選択届出書を提出した日の属する課税期間が事業を開始した日の属する課税期間である場合には、当該課税期間の開始前に、同課税期間中の課税売上げ及び課税仕入れの発生等を予測し、当該課税期間において課税事業者となるかどうかの判断をして消費税課税事業者選択届出書を提出することが、必ずしも容易でないことに配慮し、例外として、新たに事業を開始した事業者に対して、当該事業を開始した日の属する課税期間から課税事業者となることを選択する機会を与えたものと解される。

 (2)消費税法第9条第4項を受けて規定された消費税法施行令第20条第1号は「課税資産の譲渡等に係る事業を開始した日」と規定し「課税資産の譲渡等を開始した日」と規定していない。

 (3)新たに事業を行うに当たっては当該事業を行うために必要な資産の取得契約の締結や商品及び材料の購入などの準備行為を行うのが通常である。

 

 平成24年6月21日裁決でも同様の判断がされています。

 これら二つの裁決に従えば、本事例の「課税資産の譲渡等に係る事業を開始した日」は、準備行為に該当する「歯科診療業務に必要な材料や器具の購入」を開始した今年の8月1日となり、今年から課税事業者になるためには課税事業者選択届出書を今年中に提出する必要があります。

 

<参考文献等

国税庁HP 税務手続の案内 消費税課税事業者選択届出手続

https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shohi/annai/1461_01.htm

国税不服審判所HP 公表裁決事例要旨 課税資産の譲渡等に係る事業を開始した日

http://www.kfs.go.jp/service/MP/05/0101010000.html

執筆者:内山

関連コラム

消費税課税事業者
事業を行う法人及び個人事業者は原則として消費税の確定申告書を提出し納税をする義務があります。ただし、小規模事業者の事務負担への配慮等から基準期間における課税売上高が1,000万円以下である事業者については、納税義務は免除されます。 …
匿名組合契約に負担させる事業税の計上時期はいつ?
匿名組合契約の内容により、事業税収入割が発生します。その事業税を匿名組合契約に負担させることとしたいのですが、その事業税の計上時期はいつになるのですか?
以前働いていた従業員が他社から派遣されてきた場合の消費税って
弊社の同族法人グループ間には労働者派遣会社があり、当該グループ内の法人に対し労働者の派遣を行っています。今回、弊社を定年退職した社員をこの派遣会社で雇用し、弊社へ派遣してもらうことになりました。この元社員については退職前と同じ職務に従事し…
小売業の軽減税率制度の準備
小売業を営んでおりますが、2019年10月1日から消費税の引き上げと同時に軽減税率制度がはじまると聞きました。システム面で事前準備に何が必要か具体的に教えてください。
債権譲渡に係る消費税の取扱い
早期資金調達および回収の効率化を目的として債権譲渡を行いました。会計処理や税務上で何か注意すべきことはありますか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。