お役立ちコラム

一括比例配分方式が個別対応方式より有利になるケース

消費税額の計算において、控除対象仕入税額の算定方法として個別対応方式と一括比例配分方式がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。また一括比例配分方式が有利となるケースはどのような場合がありますか。

個別対応方式におきましては、消費税を課税資産の譲渡等に対応するもの(A)、その他の資産の譲渡等に対応するもの(B)、その両方に対応するもの(C)に分類し、AとCにつき控除の計算に算入します。Aについては全額控除、Cについては課税売上割合を乗じた分のみ控除できます。A+C×課税売上割合が控除額となります。

一方、一括比例配分方式は、消費税を支出した段階で分類を行うことなく、合計額に一括して課税売上割合を乗じ控除額の計算を行います。こちらの方が簡便的な方法であるといえ、事務負担も少ないです。

一般的な企業の場合、課税売上(上記でいう課税資産の譲渡等)が非課税売上(上記でいうその他の資産の譲渡等)より多額になる場合が多いため、仕入れに関しても課税売上に対応する課税仕入れが多くなります。そのため、個別対応方式を選択することによって、その課税仕入れに係る消費税の全額を控除する方が消費税額の計算上有利となるケースが多く見受けられます。

一括比例配分方式が個別対応方式より有利になるケースの一例としては、非課税売上に対応する課税仕入れが多額に生じているケースが挙げられます(住宅向けの賃貸不動産会社の物件購入初年度等)。

この場合、個別対応方式ではその全額が控除対象外となりますが、一括比例配分方式を採用した場合、そのうちの一部を控除対象に算入することが可能となります。

一括比例配分方式が有利になるケースは、課税売上に対応する課税仕入れの額、非課税売上に対応する課税仕入れの額および課税売上割合により大きく左右されますので、有利・不利の判断は必ず試算を行うことが望ましいといえるでしょう。

<参考文献等>

国税庁HP タックスアンサー No.6401仕入控除税額の計算方法

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6401.htm

執筆者:齋藤

 

関連コラム

キャッシュ・フロー計算書作成時の落とし穴(消費税・建設仮勘定の扱いなど)
1.はじめに p; キャッシュ・フロー計算書とは、財務諸表のうちの1つであり、企業の一会計期間におけるキャッシュ・フロー(収入および支出)の状況を、営業活動、投資活動、財務活動の3つに区分して表示する計算書です。 損益計算書におけ…
販売奨励金を支払った場合の消費税
1.はじめに p; キックバックやリベートなど販売奨励金といった謝礼という内容の商慣習に対する消費税の取り扱いはどのようになっているのでしょうか。基本的な取り扱いから軽減税率との関連についても見ていきたいと思います。 p;…
金銭債権を対象とした取引に係る消費税の考え方
1.はじめに p; 有価証券や金銭債権を対象とした取引に係る消費税は、課税売上割合の計算上複雑になっています。これらを本業として取り扱っていない会社で売却等が発生した際に、課税売上割合の計算を間違えてしまうケースが多いようです。 …
違約金や損害賠償金は消費税が課税される!?
違約金や損害賠償金を支払った場合や受け取った場合には、原則として、消費税は課税対象外(不課税取引)とされます。しかし、違約金や損害賠償金であっても課税取引とされることがあります。 p; そもそも、消費税が課税される取引というのは…
郵便切手類・印紙・物品切手等の消費税の取扱
p; 1.はじめに p; 消費税の取引分類は様々ありますが、その中でも郵便切手や印紙、物品切手(いわゆる商品券やプリペイドカード等)はあらゆる会社で取り扱いがあるうえ、同一のものであっても流通の段階等で課非判断に影響があ…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。