お役立ちコラム

接待飲食費で1次会と2次会の1人当たり5,000円以下判定は分ける?

得意先との接待による忘年会で同一の居酒屋において1次会と2次会を行い、飲食費用をそれぞれ分けて支払いました。参加人数は得意先、弊社側の合計5名で、1次会の支払額は70,000円、2次会の支払額は20,000円でした。この場合は、接待飲食費の1人当たり5,000円以下の判定を1次会と2次会に分けて判定して問題ありませんでしょうか?

いいえ、1次会と2次会の飲食費用を合算して1人当たり5,000円以下の判定を行います。ご質問の事例では、1次会と2次会が同種業態の飲食店で連続して行われていると認められる場合に該当すると考えられます。この場合は、実質的に同一の飲食店に係る飲食費用を分割して支払っているとみなされる為、全ての飲食費用を合算して1人当たり5,000円以下の判定が行われる事になります。具体的な判定算式は次の通りです。

(70,000円+20,000円=90,000円)÷5名=18,000円

よって、ご質問の事例では1人当たり5,000円以下の接待飲食費に該当致しません。

なお、1次会と2次会が全く別業態の飲食店(居酒屋とスナックなど)でそれぞれが独立して行われた場合には、それぞれの飲食店に支払った飲食費用ごとに1人当たり5,000円以下の判定を行って問題ありません。

<参考文献等>

交際費等(飲食費)に関するQ&A

 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hojin/5065.pdf

執筆者:板原

関連コラム

グループ法人税制
完全支配関係のある法人間の取引には「グループ法人税制」と呼ばれる制度の適用があります。本来、完全支配関係がある法人間であっても別の法人であれば、個々の取引は互いに影響を与えないものですが、実態としてはグループ一体としての経営がされている…
「交際費等の範囲」の概要と具体例~押さえておくべき他科目との違い
p; p; 1.交際費等の法人税法上の取扱い 交際費等とは「交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出す…
接待飲食費(飲食交際費)の「5,000円基準」の概要と具体例
p; 1.交際費等の損金算入規定 交際費等とは「交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出するもの」(※1)と…
青色申告(法人)
p; 青色申告制度の概要 p; 法人税の申告には、白色申告と青色申告があります。青色申告は会社に日々の取引を記録した一定の帳簿書類の備え付けと保存を義務付ける代わりに、法人税を計算する上で、白色申告よりも有利な特典を認め…
借地権と底地との交換に伴う圧縮記帳
借地権者であるA社は、底地権者であるB社の土地を賃借しておりましたが、借地期限の満了に伴い、A社は借地の半分(半分の借地権時価32百万円と評価)を返還し、B社は残り半分の借地に係る土地(半分の底地権時価27百万円と評価)の所有権をA社に与…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。