お役立ちコラム

財形貯蓄の種類について

財形貯蓄制度にはどのようなものがありますか?

財形貯蓄制度は、勤労者財産形成促進法に基づき導入された勤労者が財産を形成するための制度であり、

この制度には積立ての目的に応じて次の3種類があります。

  • 一般財形貯蓄 (勤労者財産形成貯蓄)

貯蓄の目的を問わずに利用出来ますが、税制面での優遇措置はありません。

契約時の年齢制限なく全ての勤労者が利用出来ます。

  • 財形年金貯蓄 (勤労者財産形成年金貯蓄)

在職中の積立金を60歳以降に年金形式で受け取る貯蓄で、財形住宅貯蓄と合算して、550万円まで非課税(※)となります。

契約時に55歳未満の勤労者が利用出来ます。

  • 財形住宅貯蓄 (勤労者財産形成住宅貯蓄)

住宅取得等を目的とした貯蓄で、財形年金貯蓄と合算して、550万円まで非課税(※)となります。

契約時に55歳未満の勤労者が利用出来ます。

※財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄に係る利子等に対する非課税措置

 財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄あわせて元利合計550万円(財形年金貯蓄のうち、郵便貯金、生命保険又は損害保険の保険料、生命共済の共済掛金、簡易保険の掛金等に係るものにあっては払込ベースで385万円)から生ずる利子等が非課税となります。

執筆者:角田

関連コラム

財形貯蓄
財形制度に加入している従業員が育児休業を取得する場合の財形取扱いについて留意する事はありますか?
年末調整で申告した配偶者の合計所得金額の見積額と確定額に差異が発生した場合
年末調整で「給与所得者の配偶者控除等申告書」に記載した配偶者の合計所得金額の見積額と、その確定額に差が生じた場合、どのように処理を行えばいいでしょうか?
エクスパッツの取扱について
エクスパッツについて気を付けるべきことを教えて下さい。
年末調整の障害者控除
扶養親族が身体障害者手帳を持っていない場合でも、年末調整の際に障害者控除を受けることが出来ますか?
配偶者控除の適用を受けることが出来ない場合
平成30年分以後の所得税について、給与所得者本人の合計所得金額が1,000万円(給与所得だけの場合の給与等の収入金額が1,220万円)を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができないのでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。