お役立ちコラム

社会保険任意特定適用事業所の申出をした場合、パート社員をいつから社会保険に加入させることができますか?

弊社は従業員50名程度です。パート社員も社会保険に加入させたいと考えております。社会保険任意特定適用事業所の申出をした場合、パート社員をいつから社会保険に加入させることができますか?

 平成29年4月より、短時間労働者の社会保険適用対象がさらに広がりました。社会保険に加入させるためには、「任意特定適用事業所 申出書」と「同意書」等が必要となります。「任意特定適用事業所 申出書」の受理日以降であれば加入することができます。

 

<すでにパート社員を雇っている場合>

 「任意特定適用事業所 申出書」が受理された日に要件を満たしているパート社員全員が加入となります。例えば12月1日を資格取得日としたいと考えていても、「任意特定適用事業所 申出書」が受理された日が11月25日であれば取得日は全員11月25日になることに注意が必要です。12月1日を資格取得日としたい場合は、「任意特定適用事業所 申出書」の受理日を12月1日とする必要があります。

 

<初めてパート社員を雇う場合>

 12月1日入社でその日を加入日としたい場合、「任意特定適用事業所 申出書」の受理日を12月1日とするか、11月中に事前に「任意特定適用事業所 申出書」を済ませておくことが必要です。「任意特定適用事業所 申出書」が12月2日以降に受理された場合、資格取得日を12月1日にすることができません。遡っての適用ができないことにご注意ください。

 

関連コラム

社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
平成30年10月より家族を扶養に入れる際の添付書類が変更となりました
会社を退職し、健康保険の任意継続を希望しています。在職中から健康保険の扶養に入れている家族がおり、任意継続健康保険でも引き続き扶養に入れたいのですが、どのような添付書類が必要となりますか?
社保加入対象拡大による新規加入者のメリットについて
厚生年金及び健康保険の加入対象が拡大したことにより新規加入者にメリットはありますか?
出産手当金、傷病手当金の添付書類の変更について
平成28年4月より出産手当金と傷病手当金の日額の計算方法等が変更になりましたが、添付書類に変更はありますか?
傷病手当金と出産手当金の関係について
傷病手当金と出産手当金の両方が受給できる場合は、どちらが優先されますか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。