お役立ちコラム

こんなことで悩んでいませんか?~強迫性障害編~

最近こんな状態で仕事に支障があるのですが・・・。 ・汚れや細菌に対する恐怖が過剰で、周りのものを触ることができない。 ・周りの人に危害を加えていないか不安で集中できない、またそのことを周りの人に確認してしまう。 ・戸締りや火の元が過剰に気になり、確認に時間をとられてしまう。 ・物の配置が少しでも違うと気になって不安になる。 ・自分の決めたルールで仕事を行なわないと恐ろしいことが起きるなどの不安から、どんなときで

何度確認しても安心できない場合や、強い不安により過剰にものごとを繰り返してしまうことによって生活に支障をきたしている場合は、「強迫性障害」かもしれません。

 

「強迫性障害」は不安障害の一種ですが、不安に思うことは誰にでもあるため、病気だと気が付きにくいのも特徴です。

もし日常的に不便を感じたり、そのことが原因で職場の人間関係がうまくいかなくなったりした場合は、病院を受診することをおすすめします。

 

「強迫性障害」と診断された場合、会社を休職するという選択肢がある可能性もありますので、会社の人事担当者や社会保険労務士などの専門家に一度ご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

関連コラム

産休・育休取得者 紛争解決事例集
令和なる新たな元号を迎え、女性を対象にした就労シンポジウム等を多く目にする機会があります。 今では中小企業等でも女性社員の比率は以前より多くなり、管理職として手腕を発揮している女性も多くいらっしゃると思います。 しかし、一方で、まだまだ女…
メンタルヘルス対策とストレスチェック制度について
p; 4月に入り、新たな社員の入社や異動の季節となりました。 期待と夢が膨らむ季節でありますが、新しい環境・新たな人間関係が発生する中で社員のメンタルヘルスケアがより重要となる季節でもあります。 クライアント先様からのご相談も多…
職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けて
p; 近年、パワー・ハラスメント(以下「パワハラ」という。)がもたらす様々な弊害への社会的な関心が高まってきており、ひとたびパワハラが生じると、職場内秩序を乱し、組織の正常な業務運営の障害となり得るものとなります。今回は、パワハ…
未活用労働とはどのようなものですか?
「未活用労働」とはどのようなものですか?
CSA社労士雑記 ~特定社会保険労務士についてのお話(2)~
p; では、実際にどのようにあっせんが行われるのか、 p; その流れを見ていきましょう p; ※労働局を利用する場合です。 p; まず、労働基準監督署や、最寄の労働相談コーナーで、どのようなトラブルである…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。