お役立ちコラム

年末調整において、国外居住親族の「親族関係書類」が旧姓で記載されている場合、そのままでよろしいでしょうか?

年末調整において、国外居住親族の「親族関係書類」が旧姓で記載されている場合、そのままでよろしいでしょうか?

「親族関係書類」は、国外居住親族に該当する旨を証する書類とされています。よって、提出又は提示された書類が旧姓で記載されていて、国外居住親族であることが明確に判断できない場合で、例えば旅券の写しや公的機関が交付した他の書類などにより、現姓名と旧姓名の関係が明らかになるときは、その書類(写し)についても併せて提出又は提示していただく必要があります。

関連コラム

年末調整の電子化 導入に向けて
令和2年度の年末調整より、『年末調整手続きの電子化』が実施されることとなりました。年末調整手続の電子化とは、これまで手書き等で作成していた年末調整書類について、パソコンやスマホで作成し、印刷せずにデータのまま提出することです。 年末…
令和2年年末調整の変更点
今年も年末調整の時期が近づいて参りました。今年は大きな税制改正があり、大きな混乱が起きることが予想されます。本コラムでは、今年から変わる点について5つのポイントに分けて解説していきます! p; 所得税の計算方法 変更点の…
年末調整って何なの?今さら聞けない基礎知識
今年も人事担当者にとっては慌ただしい年末調整の時期を終えようとしております。 今回はそもそも年末調整って何なの?など今さら聞けない基礎知識をご説明します! p; Q1.年末調整って何? Q2.年末調整の際に集める書類は? Q3.…
年末調整で申告した配偶者の合計所得金額の見積額と確定額に差異が発生した場合
年末調整で「給与所得者の配偶者控除等申告書」に記載した配偶者の合計所得金額の見積額と、その確定額に差が生じた場合、どのように処理を行えばいいでしょうか?
エクスパッツの取扱について
エクスパッツについて気を付けるべきことを教えて下さい。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。