お役立ちコラム

こんなことで悩んでいませんか?~セカハラ編~

上司のセクハラ行為を会社側に訴えたところ、このような対応をされました・・・

・あなたが誘ったのではないですか、と言われた

・公にするとあなたも職場で困るのではないですか、と言われた

・他の人に口外しないように、と迫られた

・セクハラを訴えた後に望まない部署へ異動させられた

上記のような対応は「セカハラ」である可能性があります。「セカハラ」とは「セカンド・ハラスメント」の略語で、会社側にセクハラの被害を訴えたことで更なる嫌がらせを受けることをいいます。会社組織の隠蔽体質などが原因とされます。

均等法11条に基づき事業主が講じるべき措置に関し、厚生労働大臣が具体的な指針を定めています。指針の中で、事業主が講じなければならない措置として、相談や事実確認への協力を理由とする不利益取り扱いの禁止の周知・啓発を定めています。事業主が措置を講じない場合、厚生労働大臣による行政指導が行われ、是正勧告にも応じない場合には、企業名の公表の対象となります。

職場内で問題が解決しない場合は、都道府県労働局の雇用均等室や社会保険労務士などの専門家にご相談下さい。

関連コラム

男女の賃金差異の公表が義務化されます!
令和4年7月8日に女性活躍推進法に関する制度改正がされ、情報公表項目に「男女の賃金の差異」を追加するともに、常時雇用する労働者が301人以上の一般事業主に対して、当該項目の公表が義務づけられることとなりました。【法改正の背景】日本における男…
社内だけでは済まされない!社外関係者とのハラスメント対策について
2019年5月、改正労働施策総合推進法(通称:パワハラ防止法)が成立しました。改正法は、大企業では2020年6月、中小企業では2022年4月から施行されています。パワハラ防止法において事業主に求められていることは、自社の雇用する労働者間にお…
新型コロナウイルス禍における休業手当の支給判断について
【質問】今般、新型コロナウイルス禍の影響により、まん延防止等重点措置が実施され、また新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言も再検討されています。今後、都知事からの当社施設の使用停止要請がなされ、業務ができなくなってしまった場…
副業導入時のポイント ~副業内容の確認方法~
2021年10月のコラム(https://www.cs-acctg.com/column/jinji_romu/53943.html)にて、会社側は副業の導入に当たり、下記の対応が必要になるとお伝えしました。副業、兼業を認める方向にて就業規…
副業導入時のポイント~就業規則の整備~
先日のコラムにて、会社側は副業の導入に当たり、下記の対応が必要になるとお伝えしました。 ①副業、兼業を認める方向にて就業規則などの見直しを行う必要があります。 ②労働者の労働時間管理が必要になります。労働者から事前に副業の内容を確認する必要…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。