お役立ちコラム

雇用保険の適用拡大について

平成29年1月1日から新たに雇用保険の被保険者となる65歳以上の人とはどのような人ですか?

次の条件に該当する場合は新たに高年齢被保険者として雇用保険適用対象となります。


①平成29年1?1?以降に新たに65歳以上の労働者を雇用した場合
※ただし1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31?以上の雇??込みがあること。
※雇用保険被保険者資格取得届の提出が必要。

②平成28年12月末までに65歳以上の労働者を雇用し平成29年1?1?以降も継続して雇?している場合
※ただし1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31?以上の雇??込みがあること。この場合、平成29年1?1日より雇用保険の適用対象となる。
※雇用保険被保険者資格取得届の提出が必要。

③平成28年12月末時点で、?年齢継続被保険者(65歳前から引き続き雇用されている被保険者)を雇用している場合
※自動的に高年齢被保険者に被保険者区分が変更される為、届出は不要。

関連コラム

社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
平成29年1月1日より雇用保険の適用が拡大されました
平成29年1月1日より、雇用保険の適用要件が変更されました。今回は、改正内容の概要について解説致します。 p; 改正の概要 これまで65歳以上の労働者は、雇用保険に新規加入することができませんでしたが、平成29年1月1日以降、65…
休業期間中に勤務した場合の育児休業給付金の取り扱いが変わりますか?
育児休業期間中に出勤した場合の育児休業給付金の取り扱いが変更すると聞いたのですがどの様な内容が教えて頂けますか?
改正後の雇用保険の適用範囲について教えてください。
平成22年4月1日より雇用保険制度が改定されて雇用保険の適用範囲が拡大されるとのことですが、どのようになるのでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。