お役立ちコラム

日をまたぐ深夜残業の割増率について

夕方から休日出勤をしたのですが業務が終わらず、結局そのまま翌日の出勤時間となり、定時まで勤務しました。この場合の残業手当はどうなるのでしょうか?

残業手当の割増率は暦日で考えるため、日付が変わるまでは休日、日付が変わった後は平日として考えます。

日をまたぐ勤務をした場合、継続した一勤務として取り扱うことができますが、割増賃金の計算に関しては「休日をまたぐ場合には、午前0時から午後12時をもって休日労働として扱う」という通達があります。

そのため休日の午後12時までは休日深夜勤務として取り扱いますが、平日の午前0時からは平日深夜勤務として取り扱うことになります。これは週末に深夜残業をして日をまたいでしまったなど、平日と休日が逆になっても考え方は同じです。

なお、「継続した一勤務として取り扱う」と書きましたが、ご相談のケースは翌日の平日にもかかっていますので、平日の勤務開始時間になった時点で前日の勤務は終了となり、同時に翌日の勤務が開始することとなります。

関連コラム

財形貯蓄
財形制度に加入している従業員が育児休業を取得する場合の財形取扱いについて留意する事はありますか?
年末調整で申告した配偶者の合計所得金額の見積額と確定額に差異が発生した場合
年末調整で「給与所得者の配偶者控除等申告書」に記載した配偶者の合計所得金額の見積額と、その確定額に差が生じた場合、どのように処理を行えばいいでしょうか?
エクスパッツの取扱について
エクスパッツについて気を付けるべきことを教えて下さい。
年末調整の障害者控除
扶養親族が身体障害者手帳を持っていない場合でも、年末調整の際に障害者控除を受けることが出来ますか?
配偶者控除の適用を受けることが出来ない場合
平成30年分以後の所得税について、給与所得者本人の合計所得金額が1,000万円(給与所得だけの場合の給与等の収入金額が1,220万円)を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができないのでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。