お役立ちコラム

最低賃金の減額特例とはどういうものですか

最低賃金の減額特例とはどういうものですか。

 一般の労働者より著しく労働能力が低いなどの場合に、最低賃金を一律に適用するとかえって雇用機会を狭めるおそれなどがあるため、特定の労働者については、使用者が都道府県労働局長の許可を受けることを条件として個別に最低賃金の減額の特例が認められています。

 最低賃金の減額特例制度は、次に掲げる労働者について適用され、最低賃金額からその最低賃金額に労働能力その他の事情を考慮して最低賃金法施行規則で定める率を乗じて得た額をその労働者に適用される最低賃金額とするとされています。  

①  精神又は身体の障害により著しく労働能力の低い者

②  試の使用期間中の者用

③  基礎的な技能及び知識を習得させるための職業訓練を受ける者用

④  軽易な業務に従事する者用

⑤  断続的労働に従事する者用

関連コラム

CSA社労士雑記 ~正しい賃金の話をしよう(3)~
p; 前回に引き続き、賃金のお話をもう少し。 p; まず、給与の大まかな計算方法ですが、 p; “給与支給額 - 控除額 = 銀行振込額” p; となります。 p; 皆さん…
CSA社労士雑記 ~正しい賃金の話をしよう(2)~
p; 前回のお話で、少しだけ触れましたが、 “賃金支払い5原則”というルールがあります。 p; 賃金は、 “通貨” で “直接労働者” に &ld…
通勤手当の返金について
通勤手当を支払っている従業員が、自転車通勤をしていることが分かりました。通勤手当は必ず支払わなければならないものと考えておりましたが、支払いは不要でしょうか。また、支払いが不要とであれば、自転車通勤をしていた者に対して、過去に支払った通勤…
年次有給休暇日を取得したときの賃金の計算方法はどうなりますか?
年次有給休暇日を取得したときの賃金の計算方法はどうなりますか?
賞与支給における支給日在籍要件
賞与支給有無の判断にあたり支給日在籍要件を設ける事は可能でしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。