お役立ちコラム

退職予定者の年次有給休暇の請求について

1か月後に退職する社員から、残っている年次有給休暇を使い切って退職したいため、明日から請求したいと申し出がありました。会社は、引き継ぎ業務が残っているため、出勤させたいと思っています。この場合、どうすればいいでしょうか?

労働基準法は、年次有給休暇を付与することは、会社の義務であり、これを拒むことはできません。

確かに、年次有給休暇の本来の趣旨は、継続的に勤務する労働者に、賃金を払いながら休暇を与え、心身のリフレッシュを図ってもらい、その後のモチベーションアップをするものなので、退職を前提とした今回のような取得請求は、労働契約上、権利の濫用にも考えられますが、違法とまでは言えません。

また、会社には、繁忙期等を理由に労働者に有給取得日を指定する「時季変更権」がありますが、他方、労働基準法の通達では、「労働基準法に基づくものである限り、当該労働者の解雇予定日を超えての時季変更権は行えないものと解する」としています。退職も同様に考えられ、結局、今回の場合は、労働者の主張を認めざるを得ないことになりそうです。

あとは、労働者の権利を尊重しつつ、引き継ぎ業務の履行の重要性など会社としての考えを明確にし、双方にとっての譲歩案を引き出せるよう、話し合いをしてみることをおすすめします。

 

関連コラム

産休・育休取得者 紛争解決事例集
令和なる新たな元号を迎え、女性を対象にした就労シンポジウム等を多く目にする機会があります。 今では中小企業等でも女性社員の比率は以前より多くなり、管理職として手腕を発揮している女性も多くいらっしゃると思います。 しかし、一方で、まだまだ女…
CSA社労士雑記 ~長時間労働について考えてみよう(3)~
©123RF 36協定を締結しておけば、残業は何時間してもよいのか。 仮にそうであるとしたら、 p; “24時間働けますか” p; ということにならないか。 p; そんな疑問も出…
CSA社労士雑記 ~長時間労働について考えてみよう(2)~
p; 労働基準法で、 (1)1日8時間を超えて働いてはいけない (2)週合計で40時間を超えて働いてはいけない p; と定められ、違反に対する罰則まで設けられているというのに、 なぜ、多くの企業では夜遅くまで残業をしてい…
「同一労働同一賃金」は2019年度の施行が目指されています
p; 「働き方改革」の目玉の一つである「同一労働同一賃金」は、2016年にガイドラインが打ち出されて以来、2019年度の施行へ向けての動きが加速しており、今後ますます企業側の対応が求められることが予想されます。 そこで、今回は最…
解雇理由証明書について教えてください。
解雇予告中の従業員から解雇理由証明書の請求がありました。必ず交付しなければならないのでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。