お役立ちコラム

年4回以上支給される賞与について

夏季賞与(7月)、冬季賞与(12月)、期末賞与(4月)を支給しておりますが、 退職者賞与がさらに支給されます。この場合、年4回になりますが特に問題はありませんか?

今回の場合のように定期的に支給される賞与ではなく、結果的に賞与の支給が年4回以上になってしまったような場合には、標準報酬月額の対象とはならず、通常の賞与として取り扱うことで問題ありません。年4回以上の賞与が標準報酬月額にあたるケースについては下記のとおり、「客観的に定められているとき」という条件があります。今回のケースは「客観的に定められているとき」とは判断されない為、通常の賞与として処理して問題ありません。

 

>(昭和五三年六月二〇日)(保発第四七号・庁保発第二一号) (各都道府県知事あて厚生省保険局長・社会保険庁医療保険・年金保険部長連名通知)※一部抜粋

>1 報酬の範囲

>(1) 毎年七月一日現在における賃金、給料、俸給、手当又は賞与及びこれに準ずべきもので毎月支給されるもの(以下「通常の報酬」という。)以外のもの(以下「賞与」という。)の支給実態がつぎのいずれかに該当する場合は、当該賞与は報酬に該当すること。

>ア 賞与の支給が、給与規定、賃金協約等の諸規定(以下「諸規定」という。)によつて年間を通じ四回以上の支給につき客観的に定められているとき。

>イ 賞与の支給が七月一日前の一年間を通じ四回以上行われているとき。

 

関連コラム

財形貯蓄
財形制度に加入している従業員が育児休業を取得する場合の財形取扱いについて留意する事はありますか?
年末調整で申告した配偶者の合計所得金額の見積額と確定額に差異が発生した場合
年末調整で「給与所得者の配偶者控除等申告書」に記載した配偶者の合計所得金額の見積額と、その確定額に差が生じた場合、どのように処理を行えばいいでしょうか?
エクスパッツの取扱について
エクスパッツについて気を付けるべきことを教えて下さい。
年末調整の障害者控除
扶養親族が身体障害者手帳を持っていない場合でも、年末調整の際に障害者控除を受けることが出来ますか?
配偶者控除の適用を受けることが出来ない場合
平成30年分以後の所得税について、給与所得者本人の合計所得金額が1,000万円(給与所得だけの場合の給与等の収入金額が1,220万円)を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができないのでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。