お役立ちコラム

中絶や死産の場合にも、健康保険から給付金が出るのでしょうか?

中絶や死産の場合にも、通常の出産と同じように健康保険から給付金が出ると聞きました。どのような給付があるのでしょうか? また、受給要件も教えてください。

健康保険法でいうところの出産とは、妊娠85日以降の分娩を意味します。(昭和3年3月16日保険発第11号)

この「分娩」には生産(早産)のほか、死産(流産)、人工妊娠中絶も含まれます。死産日、あるいは中絶手術日が妊娠85日以降であれば、健康保険では出産と同様に取扱われ、以下の給付金を受給することが可能です。

【受給可能な給付】※受給申請書および申請手順は、生産の場合と同じです。

○出産育児一時金

○出産手当金

出産手当金の支給対象とならない期間については、傷病手当金でカバーすることが出来ます。

なお、出産手当金と傷病手当金の両方とも受給可能な期間については、どちらを選択しなければいけないというルールはありません。

ただし、両方とも申請した場合は出産手当金が優先され、その間、傷病手当金は支給停止となります。

(「傷病手当金と出産手当金の両方が受給権がある場合、両方の給付を受給できますか」参照)

関連コラム

他社の役員に就任し兼務する場合、社会保険の手続きは特に必要ありませんか?
すでに社会保険に加入済の役員が、来月から他社(社会保険適用事業所)の代表取締役に就任し兼務することとなりましたが、社会保険の手続きは特に必要ありませんか?
育児休業後の社会保険手続について
育児休業をとったあと復帰した従業員について、社会保険上何か手続きがありますか?
傷病手当金から会社が立替ているお金を相殺することは可能ですか?
健保組合から会社の口座に振り込まれる傷病手当金から、会社が立替えている社会保険料などを相殺することは法的に問題ありませんか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。