お役立ちコラム

会社合併の際、住民税特別徴収継続にはどのような手続きが必要でしょうか

会社合併の際、住民税特別徴収を継続するにはどのような手続きが必要でしょうか。

①【会社は存続し、社名変更のみの場合】

「特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書」を納付先(給与支払報告書の提出先)市町村に提出します。書式は各市町村のホームページ等から取り寄せることが可能です。まれに、社名変更の事実確認の為、商業登記簿謄本の写しを添付するよう求められる場合もありますので、お手数でも各市町村に確認することをお勧めします。

②【相手方の会社に統合され、これまで特別徴収していた会社が消滅する場合】

まず、上記①の「特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書」の提出が必要です。

併せて、多くの市町村で「給与所得者異動届出書」の提出が必要となります。「給与所得者異動届出書」は原則、納税義務者1人につき1枚を作成する必要があります。しかし人数が多い場合は、共通事項(特別徴収義務者の所在地や名称、(※)特別徴収義務者指定番号など)を省略して届出を効率化させる為、一覧表にまとめる事を認めている市町村もあります。提出義務の確認と併せて事前に市町村に相談するとよいでしょう。

また、大抵の場合、特別徴収義務者指定番号は相手方の会社の番号を継承して使用することになりますが、新しい番号を割り振られる可能性もありますので、各市町村にご確認ください。

(※)特別徴収義務者指定番号とは、各市町村が特別徴収義務者(事業所)毎に割り振る識別番号です。

③【複数の会社が解散して、新たに会社を設立する場合】

上記②と同様、「特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書」と併せて、「給与所得者異動届出書」を提出します。

大抵の場合、特別徴収義務者指定番号が新しく割り振られることになりますので、納付期日までに各市区町村に必ず確認してください。

以上の通り、会社合併に伴い特別徴収義務者指定番号が変わる場合も想定されますので、合併日が確定次第、余裕をもって各市町村に確認することをお勧めします。

 

関連コラム

令和4年10月1日施行 出生時育児休業(産後パパ育休)について
令和4年10月1日施行の出生時育児休業(産後パパ育休)は、来年度より順次施行される育児・介護休業法の目玉となる改正にあたります。男性向けの新たな育休制度の施行は注目度も高く、すでに準備を進めている人事労務担当者様も多いのではないでしょうか。…
会社は副業を認める必要があるのでしょうか。副業解禁の流れについて解説します。
2021年9月21日付けの日本経済新聞の報道にて、塩野義製薬は希望する社員に対して週休3日で働ける制度を来年4月から導入する方針であり、制度開始に合わせて社員の副業も解禁すると報じられました。その他の会社を見ましても、キリンホールディングス…
【労働者数101人以上の企業は新たな義務対象に】女性活躍推進法の改正を解説します!
令和元年5月29日、女性活躍推進法等の一部を改正する法律が成立し、令和元年6月5日に公布されました。その改正内容のひとつに「一般事業主行動計画の策定義務の対象拡大」があります。これは女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定・届出義務、…
契約社員でも育児休業を取得しやすくなります
令和4年以降、育児休業に関する法改正が目白押し男性版産休とも呼べる制度の新設、育児休業の分割取得、育児休業中の社会保険料免除の見直しなど、育児をしながら仕事を続けていける環境を整えるための改正が決まっており、今から十分な準備が求められます。…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。