お役立ちコラム

社会福祉法人の定款の記載事項について

社会福祉法人の設立を検討しておりますが、定款には何を記載しなければならないのでしょうか??

定款に記載する事項には、必要的記載事項と任意的記載事項とがなります。

必要的記載事項は社会福祉法第31条に定めがあり、次のとおりです。

①    目的

②    名称

③    社会福祉事業の種類

④    事務所の所在地

⑤    役員に関する事項

⑥    会議に関する事項

⑦    資産に関する事項

⑧    会計に冠する事項

⑨    評議員会をおく場合には、これに関する事項

⑩    公益事業を行う場合には、その種類

⑪    収益事業を行う場合には、その種類

⑫    解散に関する事項

⑬    定款の変更に関する事項

⑭    公告の方法となります。

なお設立当初の役員は、定款で定めなければなりません。

関連コラム

役員賠償責任保険は給与課税される?されない?
取締役役員に対して役員賠償責任保険に会社で加入することにしました。役員賠償責任保険は給与課税されますか。
投資事業有限責任組合を利用した証券化スキーム
証券化スキームにおける投資事業有限責任組合とはどういったものですか。
社会福祉法人における利益相反取引の注意点
社会福祉法人が経営を行っている施設で用いる物品を、この法人の理事が経営する商店から購入しようと考えています。この場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか?
社会福祉充実残額とは??
平成28年3月31日に社会福祉法等の一部改正する法律が成立し、公布されました。それに伴い、社会福祉充実残額を算定する必要があるとのことなのですが、社会福祉充実残額とはいったいどのようなものなのでしょうか??
10年以上放置すると口座残高が使われる?
2018年1月に施行されました「休眠預金等活用法」について記載いたします。 正式名称は「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(平成28年法律第101号)」、管轄する金融庁HPによりますと預金者等が名乗りを上げ…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。