お役立ちコラム

フレックスタイム制における、遅刻、早退の取り扱いについて

当社では、フレックスタイム制を導入しております。毎日の勤務時間については本人が自己申告し、それを各部署で共有しているところですが、その時間にきちんと来ないものがおり、顧客対応等で周りのものが迷惑することが多々あります。このように本人申告の時間にきちんと出社しない場合、不就労時間を賃金から控除することは可能でしょうか?

フレックスタイム制は本人が出退勤の時間を決めて労働するというものです。この制度は1ヶ月の範囲内の期間を設定し、その総労働時間の枠の中で労働者の自由意志で毎日の労働時間を決めていくというものです。このため出退勤の時間はあくまでも労働者の自主的判断となるため、遅刻や早退という概念がないということになります。通常遅刻や早退をした場合は「ノーワーク・ノーペイ」の原則により、その不就労時間分に対しての賃金カットが認められています。一方フレックスタイム制においては1ヶ月以内の範囲で設定した総労働時間の枠に達しなかった場合には賃金のカットが可能となりますが、その日その日の不就労分という考えで賃金をカットすることができません。

とはいっても質問のように顧客対応などにおいて設定した時間に当人が不在になるような場合には、業務に大きな支障が出る場合もあります。このような場合は給与から差し引くことできない代わりに、人事考課のマイナス査定などとして取り扱うこととし、本人の自覚を促すといった対応が求められることになります。

関連コラム

テレワーク導入に向けて知っておくべきポイント
働き方改革の推進に伴い、「テレワーク」を導入する企業も増えてきています。ここではいくつかのQA形式で、経営者または人事労務担当者の目線から、テレワーク導入に関するポイントをご紹介いたします。 p; 目次 1.テレワークとは? 2…
産休・育休取得者 紛争解決事例集
令和なる新たな元号を迎え、女性を対象にした就労シンポジウム等を多く目にする機会があります。 今では中小企業等でも女性社員の比率は以前より多くなり、管理職として手腕を発揮している女性も多くいらっしゃると思います。 しかし、一方で、まだまだ女…
メンタルヘルス対策とストレスチェック制度について
p; 4月に入り、新たな社員の入社や異動の季節となりました。 期待と夢が膨らむ季節でありますが、新しい環境・新たな人間関係が発生する中で社員のメンタルヘルスケアがより重要となる季節でもあります。 クライアント先様からのご相談も多…
職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けて
p; 近年、パワー・ハラスメント(以下「パワハラ」という。)がもたらす様々な弊害への社会的な関心が高まってきており、ひとたびパワハラが生じると、職場内秩序を乱し、組織の正常な業務運営の障害となり得るものとなります。今回は、パワハ…
未活用労働とはどのようなものですか?
「未活用労働」とはどのようなものですか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。