お役立ちコラム

財形貯蓄の奨励金は労働保険の対象になるのでしょうか?

従業員に財形貯蓄を奨励するため奨励金を支給することにしました。この奨励金は労働保険の対象にはなるのでしょうか?

労働保険では、任意・恩恵的に支給されるもの、実費弁償として支給されるもの、福利厚生として支給されるものは賃金には該当しません。この財形奨励金はまさに福利厚生的な性格を強く持った金銭であるため、労働保険料を計算する上では賃金として扱う必要はありません。



社会保険の報酬も、上記を基準として判断されますがそれだけではありません。就業規則で支給基準が明確に定められているか、または、一定の義務を果たす対価として支払われる性格があるか、などの点も含め総合的に判断します。

つまり、就業規則等で財形制度として定め、全従業員に貯蓄をさせているような状況で支給される奨励金は報酬に該当し、標準報酬月額や標準賞与額に算入しなければなりません。

関連コラム

配偶者が労災保険や雇用保険から給付金や厚生年金、国民年金からの年金を受給しているとき、控除対象配偶者の所得要件はどのように判定しますか?
配偶者が労災保険や雇用保険から給付金や厚生年金、国民年金からの年金を受給しているとき、控除対象配偶者の所得要件はどのように判定しますか?
出向元・出向先でそれぞれ別々に賃金が支払われる場合の労働保険料について
A社からB社に出向している社員に対して、基本給・残業代などはA社から支給していますが、通勤手当だけはB社から支給され、A社の費用負担はありません。雇用保険はA社で加入しています。 このような場合、労働保険料はどのように算出・納付すれば良い…
休業補償の待機期間の3日分の支払日について
従業員が業務中に怪我をしました。労災の申請をしていますが、待機期間の3日分の休業補償についてはいつ支払えばいいのでしょうか。給与支給日などの決まりがあるのでしょうか。
労働保険料を分割して支払うことは出来ますか。
労働保険料を分割して支払うことは出来ますか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。