お役立ちコラム

育児中の時間外労働について、制限できますか?

保育園に通園する子供を持つ女性労働者です。保育園のお迎え時間もあり、仕事が終わったら、すぐに帰りたいのですが、上司に残業を命じられることが多くあります。 育児中は、時間外労働を制限することはできるのでしょうか?

育児・介護休業法において、小学校就学の始期に達するまでの子を養育する労働者が、その子の養育のために請求した場合は、事業の正常な運営を妨げる場合を除き、1ヶ月について24時間、1年について150時間を超える時間外労働をさせてはならないとあります。(法第17条第1項)。

この時間外労働の制限の請求は、1ヶ月以上1年以内の期間について、その開始日及び終了日を明らかにして、その1ヶ月前までに次の事項を記載した書面により行う必要があります。また、この請求は何度でも出来ます。

但し、継続雇用された期間が1年に満たない労働者、配偶者が常態としてその子を養育できると認められる場合等に該当するときは請求できません。

 

労働基準法制定当時は、女性労働者の時間外労働を1日2時間、1週6時間前までと制限してきましたが、現在では、女性の雇用機会を狭め、男女「平等」の妨げになるという認識が国際的にも定着したことから、昭和60年に男女雇用機会均等法制定されました。

それと同時に、労働基準法の女性保護規定については、妊娠・出産にかかわる母性保護の機能が強化されましたが、一方では、女性の時間外・休日労働の制限と深夜業の禁止が全廃され、満18歳以上の労働者は、男女を問わず同条件で、時間外・休日労働及び深夜労働を行うことができることになりました。

しかし、これにより女性労働者の家庭生活に重要な影響を及ぼす可能性が生じたこと等、次世代育成支援を進めていく上でも大きな課題となっている育児や介護を行う労働者の仕事と家庭との両立をより一層推進するために、育児・介護休業法が改正されました。

また、平成22年6月30日の改正により、3歳までの子を養育する労働者は、請求すれば所定外労働(残業)が免除されます。

関連コラム

令和4年10月1日施行 出生時育児休業(産後パパ育休)について
令和4年10月1日施行の出生時育児休業(産後パパ育休)は、来年度より順次施行される育児・介護休業法の目玉となる改正にあたります。男性向けの新たな育休制度の施行は注目度も高く、すでに準備を進めている人事労務担当者様も多いのではないでしょうか。…
会社は副業を認める必要があるのでしょうか。副業解禁の流れについて解説します。
2021年9月21日付けの日本経済新聞の報道にて、塩野義製薬は希望する社員に対して週休3日で働ける制度を来年4月から導入する方針であり、制度開始に合わせて社員の副業も解禁すると報じられました。その他の会社を見ましても、キリンホールディングス…
【労働者数101人以上の企業は新たな義務対象に】女性活躍推進法の改正を解説します!
令和元年5月29日、女性活躍推進法等の一部を改正する法律が成立し、令和元年6月5日に公布されました。その改正内容のひとつに「一般事業主行動計画の策定義務の対象拡大」があります。これは女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定・届出義務、…
契約社員でも育児休業を取得しやすくなります
令和4年以降、育児休業に関する法改正が目白押し男性版産休とも呼べる制度の新設、育児休業の分割取得、育児休業中の社会保険料免除の見直しなど、育児をしながら仕事を続けていける環境を整えるための改正が決まっており、今から十分な準備が求められます。…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。