お役立ちコラム

全銀協EDIシステムが稼働したと聞きましたが・・・

全銀協EDIシステムが2018年12月に稼働すると聞きました。どのくらいの銀行がシステムに接続しているのですか?また活用するためにはどうしたらよいですか?

 全銀EDIシステム(通称ZEDI)とは、総合振込において、振込に関するさまざまな情報(支払通知番号、請求書番号など)を受取企業に送信することを可能にするシステムであり、2018年12月25日に稼動しました。

  稼働時に接続している銀行数は、都市銀行5行をはじめとした計321行で、今後は390行まで増える予定になっています。またZEDIを活用するためには、XML電文を作成・取込するための会計システム等のソフトウェアのバージョンアップや入替えが必要となります。よってまず行うべきことは、ご利用のインターネットバンクと会計システムがZEDIに対応しているのか、今後対応する予定があるのかの確認だと思われます。

 これまでは、総合振込の際に送信できる「EDI情報」(支払企業から受取企業に伝達するメッセージ)は、半角20桁までの英数字とカタカナという制限がありました。本システムの稼動により、総合振込のデータ形式が固定長形式からXML形式というものに変わります。XML形式のEDI情報欄には、固定長形式と比べると多くの情報を記載することが出来ます。これにより、受取企業側での売掛金の消込作業や支払企業側での問い合わせ対応が効率化され、事務負担の大幅な軽減が期待されています。

 なおZEDIに関する詳細は、全国銀行協会(全銀協)の下記サイトをご参照下さい。

https://www.zenginkyo.or.jp/abstract/efforts/smooth/xml/

執筆者:川口

 

関連コラム

銀行の窓口から海外銀行に送金する際の注意点
この度、社長より個人口座を持っている海外銀行(UBS銀行)の日本支店に資金移動をしたいとの相談を受けました。送金元の社長個人の銀行口座ではインターネットバンキングの契約をしていない為に銀行窓口にて送金手続きを行うのですが、どのような書類が…
イギリスへ送金したい。でもSort Code(ソートコード)が分からない!!
イギリスの取引先へ送金をしなければなりません。IBANとSWIFTコードの他にSort Code(ソートコード)というものが必要と聞いたのですが、不明の場合はどうすればよいでしょうか。
中小企業の問題を解決する経理のアウトソーシング
大企業とは違い、中小企業では他部門の社員が経理業務を兼任することも多いのではないでしょうか。加えて、人手不足が効率的な経営の足かせになっていることも……。そんな悩みを解消してくれるのが経理のアウトソーシングです…
経理業務を効率化!アウトソーシング先を比較する重要なポイントとは
近年注目を集める経理のアウトソーシング化。経営の効率化につながるアウトソーシングですが、アウトソーシング先はどのように選べばいいのでしょうか。今回は、自社の経営にマッチした経理のアウトソーシング先を決める際の比較や選定のポイントを解説…
効率的な経営に欠かせない!経理をアウトソーシングするメリットとは
経理は、業績を左右する判断のベースとなる情報を提供する部門です。しかし、日々のルーティン業務に追われる場面が多く、間接業務を担うことからなかなか業務改善が行われないこともあります。それならば、経理をアウトソーシングしてみてはいかがでしょう…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。