お役立ちコラム

青色専従者給与って自由に増減させていいんですか?

数年前に脱サラして自営業を始めました。昨年から妻を青色専従者とし、税務署に届け出ています。

その届出には専従者に支払う青色専従者給与の額を月10万円として設定したのですが、今年は利益が出そうなので、半年経過した時点から月20万円に引き上げようかと考えています。

最初に届け出た金額とは変わってしまいますが、なにか問題ありますか?

ご質問のケースでは、変更の理由を合理的に説明できるかどうかがカギとなりそうです。

 

青色専従者給与の変更に関しては、形式と内容を踏まえて判断が必要となります。
 

形式面では、青色専従者給与が増額した場合に「青色専従者給与に関する変更届出書」を作成します。この届出に変更事項・変更理由を記載して、遅滞なく所轄税務署に提出しなければなりません。「遅滞なく」については特に明文化されていませんが、変更後の給与を最初に支給するまでに届け出ることが望ましいでしょう。

 

内容面では、変更届出書に記載した「変更理由」が適正なものかを検討する必要があります。

専従者給与の届出制は、事業主の利益調整を排除する目的もあるため、「利益が出たので」では理由として適正ではない可能性があります。

また、青色専従者給与は「労務の対価として相当であると認められる金額」を超える金額は必要経費に算入されないこととなっていますので、給与を増額するに見合った労務内容の向上を説明できなければなりません。

 

 

以上のことから、他に従業員がおらず、労務や給与を比較する対象が無い場合には、金額の設定には十分注意する必要があると言えるでしょう。

 

参考:国税庁HP タックスアンサー No.2075 青色事業専従者給与と事業専従者控除

https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/2075.htm

 

執筆者:西山

関連コラム

結婚した娘の医療費
今年の5月に長女が治療のために通院した際の費用を父である私が7月に支払いました。長女は6月に結婚して他家に嫁ぎましたが、それまでは私と同居しており、生計を一にしていました。7月に支払った長女の医療費は私の医療費控除の対象になるのでしょうか…
積立NISAってなんですか?
平成29年度税制改正で積立NISAという制度が導入され、平成30年1月1日から施行されると最近話題になっています。今までのNISAと何が違うのでしょうか??
株式を譲渡しても配偶者控除はとれるの??
私の妻には給与所得等はありませんが、上場株式等の譲渡所得が500万円あります。この上場株式等の売買については、源泉徴収を選択した特定口座での取引ですが、配偶者控除を受けることができないのでしょうか。 p;
雑損控除を適用できる損害ってどんなもの?
詐欺の被害にあい、お金を支払ってしまいました。 この支出には所得税法上の雑損控除の規定を適用できますか?
マイホームを売却して損失が出た場合の特例
この度マイホームを売却したのですが、譲渡価額が住宅ローン残高を下回り損失が出てしまいました。この売却損を損益通算できる特例があると聞いたのですが、詳しく教えてください。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。