お役立ちコラム

マイホームを売却して損失が出た場合の特例

この度マイホームを売却したのですが、譲渡価額が住宅ローン残高を下回り損失が出てしまいました。この売却損を損益通算できる特例があると聞いたのですが、詳しく教えてください。

本来、不動産の譲渡所得は分離課税のため、赤字が出たとしても他の所得と損益通算することはできません。しかし、売却の対象がマイホームの場合に限り、一定の要件を満たしていれば給与所得や事業所得など他の所得から控除(損益通算)することができる特例が設けられています。①マイホームの買換え、②買換えはせずに売却のみ、いずれの場合でも特例の適用を受けることができますが、それぞれに細かな条件がありますのでご留意ください。

 

①マイホーム買換えの場合の適用条件

●5年以上所有していたマイホームであること。

●自分が住んでいるマイホームを譲渡すること。(現在住んでいない場合は、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までの譲渡であること)

 ●災害によって滅失した家屋の場合には、災害があった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡すること。(住まなくなった家屋が災害により滅失した場合は、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡すること)

 ●譲渡の年の前年の1月1日から譲渡の年の翌年12月31日までの間に日本国内にある資産

  で床面積が50㎡以上であるものを取得すること。

●買換資産を取得した年の翌年12月31日までの間に住むこと又は住む予定であること。

●買換資産を取得した年の12月31日においてその資産について償還期間10年以上の住宅ローンを有すること。

 

②マイホームの買換えはせずに売却のみの場合の適用条件

●5年以上所有していたマイホームであること。

●自分が住んでいるマイホームを譲渡すること。(あるいは住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までの譲渡であること)

 ●災害によって滅失した家屋の場合には、災害があった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡すること(住まなくなった家屋が災害により滅失した場合は、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡すること)

●譲渡したマイホームの売買契約日の前日において、そのマイホームに係る償還期間10年以上の住宅ローンの残高があること。

●マイホームの譲渡価額が住宅ローンの残高を下回っていること。

<参考文献等>

国税庁 タックスアンサーNo.3370  

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3370.htm

国税庁 タックスアンサーNo.3390

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3390.htm

執筆者:沖野

関連コラム

歯列矯正は医療費控除の対象となるか
今回は所得税の確定申告における医療費控除のお話になります。 医療費控除の対象となる医療費は、その病状などに応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額とされています。 では「水準を著しく超える」とはどのようなものなのか。保険…
青色申告(個人)
青色申告制度の概要 p; 個人事業主の方は1年間(1月1日から12月31日までの間)に生じた所得金額を正しく計算し、申告するためには、収入金額や必要経費に関する日々の取引の状況を帳簿に記録し、取引に伴って発生した書類を保存してお…
確定申告が不要でも住民税の申告が必要な場合がある?
今年から副業を始めることになりました。1年目ということもあり、年間の利益としては10万円ほどでした。国税庁のホームページで確定申告が必要となる場合を確認したところ、給与所得以外の所得合計額が20万円を超える場合には確定申告が必要になるとの…
配偶者控除等申告書がよくわかりません!
会社の年末調整で、「給与所得者の配偶者控除等申告書」を提出するように言われました。なぜ、この申告書を提出する必要があるのかよくわかっていません。いざ書こうと思い申告書を眺めてみたところ、「合計所得金額」というものがよくわからなかったので、…
結婚した娘の医療費
今年の5月に長女が治療のために通院した際の費用を父である私が7月に支払いました。長女は6月に結婚して他家に嫁ぎましたが、それまでは私と同居しており、生計を一にしていました。7月に支払った長女の医療費は私の医療費控除の対象になるのでしょうか…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。