お役立ちコラム

軽減税率適用品目を含む請求書の保存と発行

(平成30年10月以降)受領した請求書に軽減税率の対象品目が含まれていますが、このまま保存しておいて良いでしょうか。また、請求書を発行するときはどうすればよいでしょうか。

 

消費税の納税額の計算上、仕入税額控除を受けるためには帳簿・請求書等の保存が必要となります。

消費税率の引き上げによって、課税事業者の方は区分記載請求書等保存方式に従い帳簿・請求書等を保存することになります。

※請求書等…請求書・記載事項を満たす領収書・納品書・小売業者交付のレシートなど

※平成35年10月1日からは、「適格請求書等保存方式」になります。

 

【現行】~H.31.9

・請求書発行者の氏名又は名称

・取引年月日

・取引の内容

・対価の額

・請求書受領者の氏名又は名称

 

【改正後】H.31.10~

現行の記載事項に加えて下記2点の記載事項が追加

・軽減税率適用品目である旨※

・税率ごとに合計した対価の額(税込)※

※請求書等の交付を受けた事業者による追記も可能

 

なお、取引額が3万円未満の場合・請求書等の交付を受けることが困難な場合は現行通り帳簿の記載が認められます。

※「軽減対象資産の譲渡等に係るものである旨」の記載が必要になります。

 

記載の方法については、国税庁は例として、請求書等に記載の品目名の横に「※」や「☆」などの記号を付し、請求書等下部にその凡例を記載する方法が挙げられています。

すべて軽減税率の場合も、請求書等に「全商品が『軽減税率対象』」などと記載してその旨を明らかにする必要があります。

(記号例)○月○日 牛肉 ※

○月○日 ビール

○月○日 小麦粉 ※

… 

(凡例 例)「※」は軽減税率対象品目である旨を示します。

 

発行する側としては、上記のように軽減税率適用品目である旨・税率ごとに合計した対価の額(税込)を記載する方法のほか、1枚の請求書で8%対象と10%対象部分で分けての発行や、軽減税率対象分の請求書と軽減税率対象分以外の請求書を別々に発行する方法が、国税庁により例として挙げられています。

こうした方法による発行に対応できない場合は、請求書等を受け取った事業者が「請求書等への追記」の方法で対応することとなります。

※平成35年10月1日導入の「適格請求書等保存方式」では、交付と保存が義務となります。

 

なお、軽減税率導入にかかるPOSレジ、受発注システムの改修については、中小事業者の方は補助金を申請することができます。

 

 <参考文献等>

■国税庁「消費税の軽減税率制度が実施されます」

1頁、3頁

https://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/01.pdf

■国税庁「消費税軽減税率の手引き」

25頁~33頁

https://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/0017007-067_all.pdf

■国税庁HP 「No.6497 仕入税額控除のために保存する帳簿の記載内容」

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6497.htm

■軽減税率対策補助金事務局 HP

http://kzt-hojo.jp/

執筆者:千代田

 

 

関連コラム

消費税課税事業者
事業を行う法人及び個人事業者は原則として消費税の確定申告書を提出し納税をする義務があります。ただし、小規模事業者の事務負担への配慮等から基準期間における課税売上高が1,000万円以下である事業者については、納税義務は免除されます。 …
匿名組合契約に負担させる事業税の計上時期はいつ?
匿名組合契約の内容により、事業税収入割が発生します。その事業税を匿名組合契約に負担させることとしたいのですが、その事業税の計上時期はいつになるのですか?
以前働いていた従業員が他社から派遣されてきた場合の消費税って
弊社の同族法人グループ間には労働者派遣会社があり、当該グループ内の法人に対し労働者の派遣を行っています。今回、弊社を定年退職した社員をこの派遣会社で雇用し、弊社へ派遣してもらうことになりました。この元社員については退職前と同じ職務に従事し…
小売業の軽減税率制度の準備
小売業を営んでおりますが、2019年10月1日から消費税の引き上げと同時に軽減税率制度がはじまると聞きました。システム面で事前準備に何が必要か具体的に教えてください。
債権譲渡に係る消費税の取扱い
早期資金調達および回収の効率化を目的として債権譲渡を行いました。会計処理や税務上で何か注意すべきことはありますか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。