お役立ちコラム

ブロックチェーンってなんですか

最近ブロックチェーンという言葉をよく耳にします。これはいったい何のことを言っているのでしょうか。会計に関係ありますか?

ブロックチェーンとは、データを分散して管理するための技術のことで、仮想通貨の代表例であるビットコインを支えていることで注目されています。従来の管理システムに比べて、障害に強い・データの改ざんが難しい・仲介者が不要になるといったメリットがあります。

 ブロックチェーンの特徴は、取引情報の管理方法にあります。

 従来の管理方法は、1つのデータベースに取引情報を記録し、そのデータベースを基準としてデータを参照したり、更新したりする方法でした。しかし、この方法ではサイバー攻撃によるデータの消失リスクや、データベース管理者の不正リスク等が存在しています。

そこで、分散型データベースであるブロックチェーンが登場します。

 ブロックチェーンにおいては、ネット―ワークへの参加者が取引情報のデータベースを分散して保有し、管理します。ネットワーク上の取引が発生した際に、その取引がネットワーク上の他の参加者から適正であると認められた際に、取引が承認され、ネットワーク参加者が分散して保有するデータベースが更新されます。その他にも、分散したデータベースの整合性を確認するために、様々なデータのやり取りを随時行います。

 つまり、不正な取引を記録するためには、分散したデータベースに対して改ざんを行う必要があり、また特定の管理者も存在しないため、正確な取引情報が記録・管理できる仕組みとなっています。

 ブロックチェーンの登場により、会計に対する直接的な影響はまだありませんが、会計の取引記録データベースである「帳簿」の存在が、今後見直されるかもしれません。

関連コラム

全銀協EDIシステムが稼働したと聞きましたが・・・
全銀協EDIシステムが2018年12月に稼働すると聞きました。どのくらいの銀行がシステムに接続しているのですか?また活用するためにはどうしたらよいですか?
銀行の窓口から海外銀行に送金する際の注意点
この度、社長より個人口座を持っている海外銀行(UBS銀行)の日本支店に資金移動をしたいとの相談を受けました。送金元の社長個人の銀行口座ではインターネットバンキングの契約をしていない為に銀行窓口にて送金手続きを行うのですが、どのような書類が…
イギリスへ送金したい。でもSort Code(ソートコード)が分からない!!
イギリスの取引先へ送金をしなければなりません。IBANとSWIFTコードの他にSort Code(ソートコード)というものが必要と聞いたのですが、不明の場合はどうすればよいでしょうか。
中小企業の問題を解決する経理のアウトソーシング
大企業とは違い、中小企業では他部門の社員が経理業務を兼任することも多いのではないでしょうか。加えて、人手不足が効率的な経営の足かせになっていることも……。そんな悩みを解消してくれるのが経理のアウトソーシングです…
経理業務を効率化!アウトソーシング先を比較する重要なポイントとは
近年注目を集める経理のアウトソーシング化。経営の効率化につながるアウトソーシングですが、アウトソーシング先はどのように選べばいいのでしょうか。今回は、自社の経営にマッチした経理のアウトソーシング先を決める際の比較や選定のポイントを解説…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。