お役立ちコラム

支払業務をアウトソーシング会社に委託する際にまず行うこととは?

アウトソーシングの会社に支払業務を委託することにしました。インターネットバンキング(EB)の権限を付与しようと思うのですが、その流れについて教えて下さい。

みずほe-ビジネスサイトを例にして、全体の流れと注意点をご案内します。

  • アウトソーシング会社用のユーザーIDを作成する。

→アウトソーシング会社は多くの会社からユーザーIDを付与されているため、会社名がわかるようなものが望ましいです。 例)新宿商事株式会社→Shinjuku01

 

  • 委託する業務(総合振込、給与振込、個人住民税など)の担当者権限を付与する。

 

  • 総合振込や給与振込を委託する場合、取扱限度額(1日あたり、1明細あたり)を設定する。

→伝送する際に限度額オーバーでエラーとなり限度額を変更する事態にならない様、限度額は想定金額より1桁多い金額を設定されることをおすすめ致します。

 

④以下の情報をアウトソーシング会社に連絡する。

・口座情報(支店名、種別、口座番号、口座名義)

・契約番号

・①で作成したユーザーID

・ログインパスワード

・取引実行パスワード

・証明書取得パスワード

・委託者コード(総合振込、給与振込、個人住民税、それぞれ数字10桁)

 

弊社の場合、この後にテスト伝送を行います。そのため実際の支払データ作成、伝送までは2週間程度のお時間をいただくこととなります。よって業務をご依頼下さる場合は、ゆとりをもって早めにご連絡いただきますようお願い致します。

また権限の付与についてさらに詳しくお知りになりたい際は、みずほe-ビジネスサイトヘルプデスクにお問い合わせ下さい。 

フリーダイヤル0120-017324 月~金(銀行休業日を除く) 9時~19時

 

関連コラム

これさえ知っておけば大丈夫!経理アウトソーシングのメリット・デメリット 8選
経理アウトソーシングは、会社の経営を円滑かつ効率的にするために役立つサービスです。 経理アウトソーシングにはさまざまなメリットがありますが、デメリットも見落としてはいけません。 p; 今回は経理アウトソーシングの…
全銀協EDIシステムが稼働したと聞きましたが・・・
全銀協EDIシステムが2018年12月に稼働すると聞きました。どのくらいの銀行がシステムに接続しているのですか?また活用するためにはどうしたらよいですか?
銀行の窓口から海外銀行に送金する際の注意点
この度、社長より個人口座を持っている海外銀行(UBS銀行)の日本支店に資金移動をしたいとの相談を受けました。送金元の社長個人の銀行口座ではインターネットバンキングの契約をしていない為に銀行窓口にて送金手続きを行うのですが、どのような書類が…
イギリスへ送金したい。でもSort Code(ソートコード)が分からない!!
イギリスの取引先へ送金をしなければなりません。IBANとSWIFTコードの他にSort Code(ソートコード)というものが必要と聞いたのですが、不明の場合はどうすればよいでしょうか。
中小企業の問題を解決する経理のアウトソーシング
大企業とは違い、中小企業では他部門の社員が経理業務を兼任することも多いのではないでしょうか。加えて、人手不足が効率的な経営の足かせになっていることも……。そんな悩みを解消してくれるのが経理のアウトソーシングです…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。