お役立ちコラム

譲渡損益調整資産の範囲について

当社は機械装置を製造販売している会社で、当社の製品である機械装置(譲渡直前帳簿価額1,500万円)を普通法人である完全支配関係がある他の内国法人に譲渡した場合には、譲渡損益調整資産の損益の繰延の適用はありますでしょうか。

製品である機械装置は、棚卸資産に該当するため、譲渡損益調整資産の範囲から除外されていることから、譲渡損益調整資産の損益の繰延の適用はございません。

(1)譲渡損益調整資産の損益の繰延

内国法人(普通法人又は協同組合等に限る)が譲渡損益調整資産を完全支配関係のある他の内国法人(普通法人又は協同組合等に限る)に譲渡した場合には、その譲渡損益調整資産に係る譲渡利益額(①-②)又は譲渡損失額に相当する金額は、その譲渡した事業年度の所得の金額の計算上、損金の額又は益金の額に算入される。

① 譲渡対価の額

② 譲渡原価の額

(2)譲渡損益調整資産の範囲

有価証券(売買目的有価証券を除く)、棚卸資産に該当する土地等、固定資産、金銭債権、繰延資産で、譲渡直前の帳簿価額が、1,000万円以上のものをいう。

<参考文献等>

国税庁HP 平成22年度法人税関係法令の改正の概要 P.3

https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hojin/kaisei_gaiyo2010/pdf/02.pdf

関連コラム

無形固定資産の概要とソフトウェアの管理
はじめに企業が事業活動を行う上で、ソフトウェアは、インフラとして欠かせないものとなり、情報通信技術が著しく進化している昨今においては、どの業界においても必要不可欠な存在となっています。そんなソフトウェアですが、会計処理については注意が必要で…
新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」
グループ法人税制
完全支配関係のある法人間の取引には「グループ法人税制」と呼ばれる制度の適用があります。本来、完全支配関係がある法人間であっても別の法人であれば、個々の取引は互いに影響を与えないものですが、実態としてはグループ一体としての経営がされている…
「交際費等の範囲」の概要と具体例~押さえておくべき他科目との違い
p; p; 1.交際費等の法人税法上の取扱い 交際費等とは「交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出す…
接待飲食費(飲食交際費)の「5,000円基準」の概要と具体例
p; 1.交際費等の損金算入規定 交際費等とは「交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出するもの」(※1)と…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。