お役立ちコラム

不動産の賃貸借契約者と賃料の負担者が異なる場合の支払調書提出について

当社は、ある支店の近くに当社名義で個人家主から建物を賃借し、社宅として使用しています。当社は敷金のみを支払い、賃借料その他の費用については、入居者である当社の社員が直接家主に支払っており、当社は賃借料等の支払には一切関知していません。 この場合、当社は「不動産の使用料等の支払調書」を提出する必要はありますか?

貴社が支払者となるため「不動産の使用料等の支払調書」を提出する必要があります。

個人家主が建物の賃貸借契約を締結しているのはあくまで貴社です。たとえ、貴社の社員が賃借料の支払いを怠った場合、個人家主は貴社の敷金から充当するか、若しくは貴社に賃借料等の請求を行うことになることから、貴社が賃借料等の支払者となり、「不動産の使用料等の支払調書」を提出する必要があります。

なお、賃借料の全額ではなく、一部を社員に負担させている場合についても、社員に支払調書の提出義務はなく、契約当事者である貴社が提出義務者となり、「支払金額」欄には、家賃の全額を記載することになります。

 

<参考文献等>

国税庁HP 質疑応答事例 法定調書関連(不動産の使用料等の支払調書)

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/hotei/4/06.htm

 

関連コラム

繰延資産とは
繰延資産とは 繰延資産は、支出した「費用」で、その支出の効果が将来にわたって現れるものをいいます。支出した「費用」をいったん資産計上し、効果が及ぶ期間にわたって償却することで費用化を行います。※固定資産や棚卸資産等資産の取得に要した費用…
税効果会計とは
p; 税効果会計とは 会計上の「収益」と「費用」、税務上の「益金」と「損金」は範囲が同じものもあれば、異なるものもあります。これは、会計が投資家などの利害関係者にむけて、適正な経営成績、財政状態を示すことが目的なのに対して、法人…
商標権の更新の会計処理の留意点
この度、初めて商標権を更新することになりました。更新のための費用についての会計処理の注意点を教えてください。 p;
税効果会計って何?
会社を経営しているのですが、ようやく事業が軌道にのってきて今年から利益が出る状況になりました。会計処理をお願いしている担当者より税効果会計を適用するか質問されたのですが、そもそも税効果会計って何ですか?
特定譲渡制限付株式の会計処理と法人税処理
役員に特定譲渡制限付株式を交付した場合の会計処理と法人税処理を教えてください。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。