お役立ちコラム

持分法適用会社の留保利益にかかる繰延税金負債の計上について

当社は持分法適用会社を有していますが、受取配当等の益金不算入制度の見直しによる平成28年度決算上の留意事項について教えてください。

 平成27年度税制改正により、受取配当等の益金不算入の対象となる株式等の区分や益金不算入割合が見直されました。それに伴い、持株割合が25%以上3分の1以下である持分法適用会社からの受取配当金の益金不算入額は、従来の全額から50%へ引き下げられました。

 それに伴い、当該持分法適用会社の留保利益のうち、将来、配当を受け取ったときに親会社において課される税金の見積額を、各連結会計期末において親会社の繰延税金負債として計上する必要があります。すなわち、税務上益金不算入として取り扱われない額(受取配当金の50%)に親会社における実効税率を乗じた金額を連結財務諸表上繰延税金負債として計上することになります。

 ただし、配当に係る課税関係が生じない可能性が高い場合は除かれます。

<参考文献等>

日本公認会計士協会

会計制度委員会報告第9号「持分法会計に関する実務指針」

会計制度委員会報告第6号「連結財務諸表における税効果会計に関する実務指針」

関連コラム

繰延資産とは
p; 繰延資産とは p; 繰延資産は、支出した「費用」で、その支出の効果が将来にわたって現れるものをいいます。支出した「費用」をいったん資産計上し、効果が及ぶ期間にわたって償却することで費用化を行います。※固定資産や棚卸…
税効果会計とは
p; 税効果会計とは p; 会計上の「収益」と「費用」、税務上の「益金」と「損金」は範囲が同じものもあれば、異なるものもあります。これは、会計が投資家などの利害関係者にむけて、適正な経営成績、財政状態を示すことが目的なの…
債権譲渡に係る消費税の取扱い
早期資金調達および回収の効率化を目的として債権譲渡を行いました。会計処理や税務上で何か注意すべきことはありますか?
キックバックを受けた場合の会計処理
当社では、今期から新たに販売店としての事業を開始しています。メーカーから商品を仕入れ、E/Uに販売していますが、売行きが好調だったため、メーカーからキックバックという名目の金銭を受領しました。この受け取った金銭は、会計上どのように処理すれ…
IR情報を積極的に開示しないと損をする!?
当社はホームページのリニューアルを計画しており、それに伴いIR情報の充実を検討しています。 一方で、IR情報を充実する場合に発生する追加的な人的コストについての懸念もあります。 今般、多くの会社でIR情報を積極的に発信しているため、当社も…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。