お役立ちコラム

事業主の日当は必要経費として認められる?

事業主の出張時の日当は、事業所得の必要経費として認められますか。

 

【個人事業主の場合】実際にかかった交通費・宿泊料などの実費は必要経費として認められます。ただし、日当に関しては支給基準を定めていて、実際に日当という名目で支給されていた場合でも、必要経費として計上することはできません。実際に何に使ったかによって、必要経費として認められるかどうか、また算入する経費科目を判断することになります。

個人事業主には所得税法上「給与」という概念が無いことと同様に、個人事業から個人事業主への支払ということは、事業資金から個人へ資金を移動したということになり、経費に組み込むことは認められておりません。一方従業員に関しては、日当も経費として計上は可能です。

【会社(法人)の場合】 「会社」と「事業主(役員)」は法的に別個の存在であるため、会社から事業主へ日当を支払うことが可能です。従業員に関しては、個人・法人同様に、日当も経費として計上は可能です。

<参考文献等>

   個人の税務相談事例500選 城本和彦 編 公益財団法人 納税協会連合会

執筆者:深井

関連コラム

今さら人に聞きにくい「振込振替」「総合振込」「給与振込」の違いとは?
世の中に広く普及している「インターネットバンキング」。個人で利用されている方も大勢いらっしゃると思います。しかし、総務部や経理部に配属されて、いざ仕事で使用するとなるとコレって何だっけ?何か良く分からないけど人には聞きづらいなぁ&hel…
法人番号指定通知書を紛失した場合の対応について
1. はじめに p; 2016年1月から「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づいた「社会保障・税番号制度」が動き出しています。 この制度の下では「個人番号」と「法人番号」の二種類があり、それぞ…
これさえ知っておけば大丈夫!経理アウトソーシングのメリット・デメリット 8選
経理アウトソーシングは、会社の経営を円滑かつ効率的にするために役立つサービスです。 経理アウトソーシングにはさまざまなメリットがありますが、デメリットも見落としてはいけません。 p; 今回は経理アウトソーシングの…
全銀協EDIシステムが稼働したと聞きましたが・・・
全銀協EDIシステムが2018年12月に稼働すると聞きました。どのくらいの銀行がシステムに接続しているのですか?また活用するためにはどうしたらよいですか?
銀行の窓口から海外銀行に送金する際の注意点
この度、社長より個人口座を持っている海外銀行(UBS銀行)の日本支店に資金移動をしたいとの相談を受けました。送金元の社長個人の銀行口座ではインターネットバンキングの契約をしていない為に銀行窓口にて送金手続きを行うのですが、どのような書類が…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。