お役立ちコラム

承認していない通勤方法での通勤災害

当社では貸与している社用車以外での自動車通勤は認めていないのですが、電車通勤で承認を受けている社員が自家用車で通勤をし、事故を起こしてしまいました。この場合、通勤災害になるのでしょうか?

客観的に合理性が有る通勤方法であることが行政官庁に認められれば、社内の規則上違反であっても通勤災害として認定されます。

通勤災害の認定は、災害発生時における通勤方法の「客観的な合理性の有無」によって判断されます。その判断には使用者と労働者の間の契約内容は影響しません。これは通常使用している通勤手段が災害や事故の発生などにより使えないなど、通常とは違う通勤方法を使用した際に通勤災害に遭うことも考えられるからです。

そのため社内では服務規律違反として処分を受けるようなケースであっても、その処分の有無が通勤災害としての労災認定の判断に影響することはありません。

もちろん、その通勤方法が他の通勤方法と比べて「合理的ではない」と判断されたり、被災時に無免許や酒気帯びで自動車を運転していた等の場合にはその通勤方法が「合理的」とは言えず、通勤災害として労災認定されないことも考えられます。

執筆者:榎本

 

関連コラム

労働基準法上の中小企業に該当する基準を教えてください。
労働基準法上の法定割増賃金率の引上げ関係の猶予対象となる中小企業に該当するかどうかは、何を基準に判断するのですか。
業務または通勤が原因で死亡した労働者の遺族に支給される給付について教えてください。
業務または通勤が原因で死亡した労働者の遺族に支給される給付について教えてください。 p;
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
従業員が退職した場合の中退共の手続きについて教えてください。
従業員が退職した場合の中退共(中小企業退職金共済制度)の手続きについて教えてください。 また、退職金は請求してから何日くらいで支給されるのでしょうか。
単身赴任者の帰省手当の取り扱い
単身赴任者に支給する帰省手当は、労働保険料の対象となりますか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。