お役立ちコラム

ポイント制に係る消費税の取扱いについて

弊社の属する業界では、ポイント制を利用する企業が多く、今後弊社でも採用を予定しています。そこで、ポイント制を利用する場合の消費税の取扱いを教えて下さい。

①ポイントの発生、発行、付与時は不課税

②ポイントの流通(企業間、消費者間、消費者と媒介業者間)では、交換、売買ともに非課税(企業間での新規発行は①の不課税と同取扱い)

③ポイントの利用(消費者と発行企業(提携企業を含む)間)では、

・景品交換は不課税(景品の仕入れ時は課税取引)

・商品券交換は不課税(商品券利用時は課税取引)

・電子マネー交換は不課税(電子マネー利用時は課税取引)

・現金交換(キャッシュバック)は課税(対価の返還)(提携企業の場合は不課税)

・値引割引(支払代金の控除相殺)は不課税(差額支払金額の対価が課税取引)

④ポイント利用に係る提携企業からの請求等は、

・支払側は課税(販売促進費)

・入金側は不課税

⑤ポイントの期末残高は対象外

 

ここで注意して頂きたい点は、④の取扱いになります。通常、消費税の取扱いは売上側と仕入側の課税区分が同様となります(売上側が課税取引であれば、仕入側も課税取引である等)。しかし、④では入金側は不課税、支払側は課税となっており、課税区分が異なっております。これは、入金側では代金決済として捉えているのに対して、支払側では、販売促進費として捉えているためです。

また、③のキャッシュバックは、提携企業かどうかにより、取扱いが異なってくる点に注意が必要となります。

 

<参考>

国税庁HP  マイレージサービスに代表されるポイント制に係る税務上の取扱い

https://www.nta.go.jp/about/organization/ntc/kenkyu/ronsou/58/01/hajimeni.htm

関連コラム

事業者間で収益・費用の計上基準が異なる場合の取扱い
出荷基準を採用する売り手Aが平成31年9月30日に8%を適用して販売した商品を、検収基準を採用する買い手Bが平成31年10月1日以降に検収した場合、仕入費用について10%の税額控除ができるのでしょうか。
有価証券等の譲渡に係る内外判定が明確化されました!
平成30年度税制改正で、券面のない有価証券等の譲渡に係る消費税の内外判定の明確化が行われました。 従来、証券取引法等の一部改正で電子化された、券面の発行がない有価証券については、「資産の所在場所が明らかでないものの内外判定」の規定によって…
一括比例配分方式が個別対応方式より有利になるケース
消費税額の計算において、控除対象仕入税額の算定方法として個別対応方式と一括比例配分方式がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。また一括比例配分方式が有利となるケースはどのような場合がありますか。
消費税を確定申告1回・中間申告11回で行うときの申告期限と納付期限は?
消費税の中間申告を年11回、確定申告を年1回で行うときの申告期限と納付期限について教えてください。
消費税の任意の中間申告制度について教えてください。
消費税の任意の中間申告制度について教えてください。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。