お役立ちコラム

年次有給休暇の時季指定義務

有給休暇取得が義務化されるそうですが、概要を教えてください。企業ではどのように対応したら良いでしょうか。

2019年4月から、全ての企業において、年次有給休暇の時季指定が義務化されます。

これまで有給休暇とは、労働者からの申出による取得が原則でしたが、これに加え、使用者の時季指定による取得が新設されることになります。

対象者は、年次有給休暇が10日以上付与される労働者(管理監督者を含む)です。

時季指定が必要となる日数は、年次有給休暇を付与した日から1年以内に5日ですが、労働者の申出により取得した日数や計画的付与の日数は、この5日から控除されます。

 

企業側では、次のような対応が考えられます。

 

(1)労働者個別に時季指定を行なう

労働者ごとに年次有給休暇の取得日数を管理し、基準日から1年以内に5日取得していない労働者に対して、取得時季を指定します。

日数管理の負担はありますが、柔軟な時季指定が可能です。

 

(2)年次有給休暇の計画的付与制度を利用する

年次有給休暇のうち5日を超える分については、労使協定を結ぶことで、計画的に休暇取得日を割り振ることが可能です。

企業全体での一斉付与を行なえば、労働者全員に年次有給休暇を取得させることができますので、(1)のような管理の負担はありません。

 

執筆者:小林

関連コラム

協会けんぽで受任医療制度が始まりました
協会けんぽの受任医療制度について教えてください。
個人型確定拠出年金の対象者について
会社で確定給付企業年金に加入していますが、同時に個人型確定拠出年金にも加入することも可能ですか?
労働条件の明示が電子メール等も可能になります
労働条件の明示の電子化について教えてください。
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
働き方改革関連法の概要
働き方改革関連法が成立しましたが、改正内容を教えて下さい

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。