お役立ちコラム

治療用装具を作成した場合の給付

医師の指示により、コルセットやサポーターなどを作った時に、健康保険から給付がありますか?

医師の指示に基づき治療用装具を作成した場合は、装具の作成費用をご自身で全額立て替えたのち、「療養費(治療用装具)」の申請をすることで、健康保険の支給基準価格で計算した額から、その額に一部負担割合を乗じた額を差し引いた額が現金給付の療養費として払い戻しされます。

対象となる主な治療用装具は、関節用装具・コルセット・小児の弱視、斜視及び先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡およびコンタクトレンズ(9歳未満の小児のみ対象)・リンパ節郭清術を伴う悪性腫瘍の術後に発生する四肢のリンパ浮腫の治療のために使用される弾性着衣等・眼球摘出後眼窩保護のために装用を必要とする義眼・症状固定前の練習用仮義足などがあり、装具ごとに支給の上限額があります。

療養費として申請できるのは、「医師が治療のために必要と認め、医師の証明書に基づき作成」した装具の費用に限られます。利便性を考慮し複数作成した場合や、付属品を追加し贅沢な仕様にした等の場合は、その費用を「療養費」として請求することはできません。

また、以前「療養費」として支給を受けたものと同じ装具を再度つくった場合は「療養費」の支給基準に基づいて定められた使用年数の経過後であれば、再申請が認められています。使用年数については年齢や装具の種類により異なります。

執筆者:阿部

 

関連コラム

【法改正】育児休業中の社会保険料免除制度が変わりました
10月から育児休業中の社会保険料免除制度が変わりました2022年10月から出生時育児休業(産後パパ育休)、育児休業の分割取得など、育児に関する制度が大きく変わりました。こちらに伴い、休業中の社会保険料の免除制度も変わったことはご存知でしょう…
マイナンバーカードを健康保険証として利用するのは不安・・・
政府は2024年度秋に、現在の健康保険証を廃止し、マイナンバーカードとの一体化を目指すとの方針を示しました。非常に身近なことに関するニュースであり、関心や不安を抱いた方も多いかと思われます。弊社では、以前にコラムやYoutubeにて、マイナ…
士業必見!令和4年10月1日から個人事務所も強制適用に
令和2年5月29日に成立しました国民年金法等の改正により、「常時5人以上の従業員を使用する個人事業所」について社会保険(健康保険・厚生年金保険)の適用範囲が拡大されました。 本法改正により、令和4年10月1日より「常時5人以上の従業員を雇用…
被用者保険(厚生年金・健康保険)適用除外の取り扱いが変わります。
被用者保険(厚生年金・健康保険)適用除外の取り扱いが変わります。従来、健康保険、厚生年金保険の被保険者とされない人は、下記の表の通りとなっておりました。このうち、『2か月以内の期間を定めて使用される人』の取り扱いが変わります。令和4年10月…
マイナンバーカードの健康保険証利用について
令和3年10月20日より、一部の医療機関でマイナンバーカードが保険証として利用できるようになりました。しかし、まだまだマイナンバーカードを保険証として利用できる医療機関は一部(※)に限られています。令和4年1月9日時点での運用開始施設数 …

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。