お役立ちコラム

平成31年4月から国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まります。

国民年金保険料は産前産後期間は免除されないのですか?

今まで国民年金保険料については、産前産後期間の免除はありませんでしたが、少子化対策の一環として、平成31年4月から国民年金保険料についても、産前産後期間の免除制度が始まります。

「出産予定日または出産日が属する月の前月から4ヶ月間」の産前産後期間について、国民年金保険料が免除されます。多胎妊娠の場合は、「出産予定日または出産日が属する月の3ヶ月前から6ヶ月間」の国民年金保険料が免除されます。(この場合の出産とは、妊娠85日(4ヶ月)以上の出産をいい、死産、流産、早産も含みます。)

国民年金第1号被保険者で、出産日が平成31年2月1日以降の方が対象となり、出産予定日の6ヶ月前から、住民登録をしている市区町村の役所の国民年金担当窓口で手続きが可能になります。(手続きができるのは平成31年4月からです。)

出産前に手続きを行う場合は、母子健康手帳等の出産予定日を明らかにすることができる書類の添付が必要になりますが、出産日以降に手続きを行う場合は、市区町村にて出産日の確認が可能な為、添付書類は不要となる予定です。詳しくは、住民登録をしている市区町村の役所の国民年金担当窓口にご確認ください。

なお、この産前産後の保険料免除期間については、将来、被保険者の年金額を計算する際は、保険料を納めた期間として取り扱われます。(付加保険料については免除期間中も納付することができます。)

国民年金に関する諸手続きは、被保険者が直接市区町村宛に行うこととなっている為、企業が直接的に手続きに関わるケースは少ないかと思いますが、従業員の配偶者等家族が該当する例は生じるかと思います。その際に適切なアナウンスができるよう、制度概要を確認しておきましょう。

執筆者:瀧上

 

関連コラム

被用者保険(厚生年金・健康保険)適用除外の取り扱いが変わります。
被用者保険(厚生年金・健康保険)適用除外の取り扱いが変わります。従来、健康保険、厚生年金保険の被保険者とされない人は、下記の表の通りとなっておりました。このうち、『2か月以内の期間を定めて使用される人』の取り扱いが変わります。令和4年10月…
マルチジョブホルダー制度って何ですか?
 2022年1月1日より65歳以上の労働者を対象に「雇用保険マルチジョブホルダー制度」が新設されました。本コラムでは制度の内容について解説してまいります!1.雇用保険マルチジョブホルダー制度とは?従来の雇用保険制度は、主たる事業所での労働条…
雇用保険料率の引き上げと年度更新時の注意点について
「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が令和4年3月30日に国会で成立しました。年度の途中から保険料率が変更となりますので、ご注意ください。参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/buny…
中小企業もパワハラ対策が義務化されます!
令和4年4月1日から中小企業に職場のパワーハラスメント対策が義務化されます。かねてより、労働施策総合推進法において、大企業に義務付けられていた「職場のパワーハラスメント対策」が、中小企業へも義務付けられる事となりました。本コラムでは、具体的…
任意継続被保険者制度見直しについて解説します!
2022年1月1日より健康保険の任意継続被保険者制度が一部改正となります。本コラムでは法改正の内容について解説してまいります。1.退職後の健康保険の選択肢は?退職後の健康保険の選択肢としては、(1)任意継続制度、(2)国民健康保険、(3)…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。