お役立ちコラム

平成31年4月から国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まります。

国民年金保険料は産前産後期間は免除されないのですか?

今まで国民年金保険料については、産前産後期間の免除はありませんでしたが、少子化対策の一環として、平成31年4月から国民年金保険料についても、産前産後期間の免除制度が始まります。

「出産予定日または出産日が属する月の前月から4ヶ月間」の産前産後期間について、国民年金保険料が免除されます。多胎妊娠の場合は、「出産予定日または出産日が属する月の3ヶ月前から6ヶ月間」の国民年金保険料が免除されます。(この場合の出産とは、妊娠85日(4ヶ月)以上の出産をいい、死産、流産、早産も含みます。)

国民年金第1号被保険者で、出産日が平成31年2月1日以降の方が対象となり、出産予定日の6ヶ月前から、住民登録をしている市区町村の役所の国民年金担当窓口で手続きが可能になります。(手続きができるのは平成31年4月からです。)

出産前に手続きを行う場合は、母子健康手帳等の出産予定日を明らかにすることができる書類の添付が必要になりますが、出産日以降に手続きを行う場合は、市区町村にて出産日の確認が可能な為、添付書類は不要となる予定です。詳しくは、住民登録をしている市区町村の役所の国民年金担当窓口にご確認ください。

なお、この産前産後の保険料免除期間については、将来、被保険者の年金額を計算する際は、保険料を納めた期間として取り扱われます。(付加保険料については免除期間中も納付することができます。)

国民年金に関する諸手続きは、被保険者が直接市区町村宛に行うこととなっている為、企業が直接的に手続きに関わるケースは少ないかと思いますが、従業員の配偶者等家族が該当する例は生じるかと思います。その際に適切なアナウンスができるよう、制度概要を確認しておきましょう。

執筆者:瀧上

 

関連コラム

健康保険法が変わります
p;「全世代型社会保障改革の方針について」(令和2年12月15日閣議決定)等を踏まえ、現役世代への給付が少なく、給付は高齢者中心、負担は現役世代中心というこれまでの社会保障の構造を見直し、全ての世代で広く安心を支えていく「全世代…
男性版「産休」制度?どう変わる、男性の育児休業
p; 男性版「産休制度」の新設? p; 男性の育児休業取得率は徐々に上昇しているとはいえ、いまだ10%未満という状況です。 そこで厚生労働省の労働政策審議会では男性の育児休業取得促進策を打ち立て、現在開催中の通常国会に法…
高年齢雇用安定法の改正で何が変わる?
p; 2021年4月1日より、高年齢者就業確保措置を事業主の努力義務とする「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部改正」が施工されます。ざっくり要約すると『70歳までの就業機会の確保が事業主の努力義務に』なります。 このよう…
【最高裁判決】同一労働同一賃金
p; 2020年10月13日に、大阪医科大学(現大阪医科薬科大学)、メトロコマース裁判。続いて10月15日には、日本郵便裁判3件の最高裁判決が相次いで出されました。 いずれも高裁判決からの逆転判決として話題になっています。 3件…
子の看護休暇と介護休暇の時間単位取得が義務化されます!
p; 2021年1月より子の看護休暇と介護休暇を時間単位で取得させる事が義務化されます。 育児や介護を行う労働者がより柔軟に就労する事が出来る様に法改正されました。 各企業様におかれましても、労働者より子の看護休暇と介護休暇の…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。