お役立ちコラム

給与所得控除と所得控除の違いとは?

会社から受け取った源泉徴収票に記載されている給与所得控除と所得控除の違いは何ですか

給与所得控除は、給与所得(会社員の方であれば月々の給与及び賞与)に対して控除されるものです。自営業者の方の事業所得では必要経費が控除されるのに対し、給与所得控除は収入金額に応じた算出式にあてはめて、概算の必要経費を算出し控除します。この控除額は概算額であるため、もし実際に支出した特定支出の合計額が給与所得控除額の2分の1(最高125万円)を超える場合には、その超える部分について、確定申告を通じて給与所得の金額の計算上控除することができます。ただし、特定支出に該当する要件があることと、事業主の証明が必要であることから、実際の支出額に基づいた特定支出控除を受けている方は非常に少ないのが現状です。

 一方、所得控除は給与所得だけでなく不動産所得など他の所得の合算した後で差し引くもので、各納税者の個人的事情を加味するために設けられている制度です。年末調整で考慮される所得控除として、基礎控除や扶養控除などの人的控除や生命保険料控除や地震保険料控除などの支出額に応じて算出する物的控除があります。

 2018年の税制改正において、給与所得控除を縮小し、所得控除の一つである基礎控除(所得に関係なく全納税者に対して一律38万円を控除する制度)を拡大することが検討されています。現在審議されている内容で改正が進んだ場合、年収850万超の会社員については増税となる見込みです。

関連コラム

協会けんぽで受任医療制度が始まりました
協会けんぽの受任医療制度について教えてください。
個人型確定拠出年金の対象者について
会社で確定給付企業年金に加入していますが、同時に個人型確定拠出年金にも加入することも可能ですか?
労働条件の明示が電子メール等も可能になります
労働条件の明示の電子化について教えてください。
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
年次有給休暇の時季指定義務
有給休暇取得が義務化されるそうですが、概要を教えてください。企業ではどのように対応したら良いでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。