お役立ちコラム

Who needs to pay inhabitant tax in Japan/住民税について

Who needs to pay inhabitant tax in Japan
日本の住民税を払わなければならない人は誰ですか?

A person who resides in Japan as a resident as of January 1 is subject to inhabitant tax.

The amount of inhabitant tax is decided based on the previous year’s income. In case you are an employment income earner, the employer deducts the amount of inhabitant tax from monthly salary during the period between June that year and May of the following year, and pays it to the municipal office on behalf of you. Please kindly note that you are still subject to local tax if you changes address or leaves Japan after January 1.

 

1月1日現在、居住者として日本に住んでいた場合に住民税が課税されます。住民税額は前年所得をベースに決定されます。あなたが給与所得者の場合、事業主が本年6月から翌5月の間に月給から住民税額を控除してあなたに代わって住民税を納めます。前年に所得がある場合、住所を変更したり出国しても納税義務は消滅しませんのでご注意ください。

 

Thank you for reading to the end.

See you next HR・Payroll・Social insurance information.

CS accounting offers the greatest achievements in accounting, tax and HR one-stop outsourcing.

 

 

 (掲載日:2017年10月12日)

関連コラム

【法改正】育児休業中の社会保険料免除制度が変わりました
10月から育児休業中の社会保険料免除制度が変わりました2022年10月から出生時育児休業(産後パパ育休)、育児休業の分割取得など、育児に関する制度が大きく変わりました。こちらに伴い、休業中の社会保険料の免除制度も変わったことはご存知でしょう…
最低賃金改定
令和4年10月より最低賃金が改定されます。本コラムでは最低賃金改正に関して、具体的にどの様に変わるのか?また、これまで弊社へご相談頂いたご質問のご紹介や活用できる助成金のご案内等について、解説して参りたいと思います。目次最低賃金額はいつから…
ここが変わった!労働保険年度更新 申告書の書き方
今年も労働保険料の申告時期がやってきました。お手元に届いた申告書を見て、あれ?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。令和4年度は雇用保険料率が年度途中で変更されることにより、概算保険料の記入の仕方が変わっているのです。具体的にどのように…
雇用保険料率の引き上げと年度更新時の注意点について
「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が令和4年3月30日に国会で成立しました。年度の途中から保険料率が変更となりますので、ご注意ください。参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/buny…
『給与のデジタル払い』解禁で何が変わるのでしょうか?
現在、厚生労働省の労働政策審議会において「給与のデジタル払い」について議論されています。早ければ2021年内での制度化も視野に入れているという本施策ですが、企業と従業員はどう変化するのか。要点をまとめて解説します。【給与デジタル払いとは】給…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。