お役立ちコラム

「高年齢継続被保険者」と「高年齢被保険者」の違いは何ですか?

平成29年1月1日の法改正により「高年齢被保険者」という名称が新たにできましたが、以前からあった「高年齢継続被保険者」との違いについて教えてください。

従来65歳以上の労働者が雇用保険に加入できるのは、65歳になる前から雇用保険に加入していることが条件で、一度資格を喪失してしまうと新規に加入することはできませんでした。それが雇用保険法の法改正により、平成29年1月1日より、65歳になる前の時点での継続の有無にかかわらず、加入条件(※1)が満たされていれば、新規でも雇用保険に加入できるようになりました。

そのため、法改正前を「高年齢継続被保険者」(※2)と言い、法改正後は「高年齢被保険者」と名称も変更になりました。法改正後は「高年齢継続被保険者」という概念は廃止され、今後新たに「高年齢被保険者」という名称のもと、被保険者資格を取得または喪失することになります。

なお、「高年齢被保険者」として資格を取得することにより、今までは受けることができなかった、育児休業給付金、介護休業給付金、教育訓練給付金の申請、受給が可能になりました。

(※1)1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上の雇用見込があること。

(※2)65歳に達した日の前日から引き続いて65歳に達した日以後の日において雇用されている被保険者。

執筆者:竹田

 

関連コラム

60歳定年時に大幅な減額がなくても高年齢雇用継続給付の手続をした方が良いですか?
来月で60歳の定年に達するものがいます。定年後、再雇用となり引き続き働き続ける予定です。賃金は役職から降り、多少減額となるものの職務はこれまでと同様に行ってもらう予定のため、大幅な減額とはなりません。このため、雇用保険の高年齢雇用継続給付…
平成32年4月度より変更となる65歳以上の雇用保険について
平成29年1月1日から雇用保険法の改正により、被保険者の適用範囲が拡大され、65歳以上の方で新たに雇い入れる場合や既に入社していたものの年齢要件を満たせず未加入だった方も被保険者(高年齢被保険者)となりました。失業して求職活動をする際には…
海外赴任する従業員の社会保険はどのように手続きをすれば良いですか?
日本法人から海外の現地法人へ赴任させる従業員がいるのですが、現地国の社会保障制度へ加入する必要はありますか?
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
平成29年1月1日より雇用保険の適用が拡大されました
平成29年1月1日より、雇用保険の適用要件が変更されました。今回は、改正内容の概要について解説致します。 p; p; 改正の概要 p; これまで65歳以上の労働者は、雇用保険に新規加入することができませんでしたが、…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。