お役立ちコラム

年末調整で追徴される原因

いつも年末調整では還付を受けているのですが、今年は徴収されました。何故今年は徴収になったのでしょうか?

月々の給与や賞与で引かれている源泉所得税は概算で計算されており、年末調整で1年間の所得に基づいた所得税額が確定、差額が精算されます。年末調整では月々の源泉所得税額計算では考慮されていない生命保険料控除や住宅借入金等特別控除等が反映されるため還付になることが多いですが、追加徴収になるケースとしては以下の例が考えられます。

 

①扶養親族が減った場合

 給与や賞与から天引きされる所得税額は扶養親族の人数によって計算方法が異なり、扶養親族が多い場合には源泉所得税は少なくなります。配偶者の所得が思ったより多かったなどの理由で、年末調整になってから扶養親族として申告していた親族が実は扶養親族でないことが判明すると、月々の源泉所得税で徴収不足が発生していることになりますので、年末調整で不足額を精算することになります。

 

②賞与の金額が月給と比べて高額である場合

賞与の料率の算出式は月給の5倍程度を支給されるものとして源泉徴収税率が定められています(参照:源泉徴収のあらまし114ページ)。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/aramashi2018/pdf/04.pdf

 そのため、賞与の金額が月給と比較して高額な場合には賞与での源泉所得税で十分な控除ができず、年末調整で不足額を精算することになります。

 なお、賞与額-社会保険料が前月課税給与額-社会保険料の10倍を超えると計算方法が変わり、実態に近づくため年末調整で発生する差額は少なくなります(参照:国税庁タックスアンサー賞与に対する源泉徴収)。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2523.htm

 

③月ごとの支給額の変動が大きい場合

 所得税の税率は所得が高いほど税率が上がる仕組みになっています。月々の給与での源泉所得税は同様の支給が12ヵ月続いた場合を想定した概算額が控除されているため、月ごとの支給額の変動が大きい場合には不足が生じ、年末調整で徴収される場合が有り得ます。

 

執筆者:中谷

関連コラム

年末調整で申告した配偶者の合計所得金額の見積額と確定額に差異が発生した場合
年末調整で「給与所得者の配偶者控除等申告書」に記載した配偶者の合計所得金額の見積額と、その確定額に差が生じた場合、どのように処理を行えばいいでしょうか?
エクスパッツの取扱について
エクスパッツについて気を付けるべきことを教えて下さい。
外国へ留学している子供を扶養に入れる場合の注意点
外国に留学している子供がいます。生活費の仕送りはしているのですが、現地でアルバイトもしているようです。年末調整時に控除対象扶養親族として申告をして差し支えないでしょうか。
年末調整の障害者控除
扶養親族が身体障害者手帳を持っていない場合でも、年末調整の際に障害者控除を受けることが出来ますか?
配偶者控除の適用を受けることが出来ない場合
平成30年分以後の所得税について、給与所得者本人の合計所得金額が1,000万円(給与所得だけの場合の給与等の収入金額が1,220万円)を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができないのでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。