お役立ちコラム

65歳超雇用推進助成金について

65歳超雇用推進助成金とはどのような制度ですか?

65歳超雇用推進助成金は、高齢者の雇用促進を目的として、65歳以上への定年の

引上げ、定年の定めの廃止、希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入

のいずれかを導入した事業主に対して行う助成制度で、助成額は次の通りです。

■65歳への定年引上げ⇒100万円

■66歳以上への定年引上げまたは、定年の定めの廃止⇒120万円

■希望者全員を対象とする継続雇用制度の導入

66歳~69歳⇒60万円

70歳以上⇒80万円

※定年引上げと継続雇用制度の導入を合わせて実施した場合でも、支給額は定年引上げを実施した際の額となります。

関連コラム

「勤務間インターバル制度」と「時間外労働等改善助成金」
p; 2018年に成立した、いわゆる「働き方改革法案」に伴い、努力義務が掲げられた「勤務間インターバル制度」。 今回は本制度と、その導入で受けることのできる助成金についてご紹介いたします。 p; 勤務間インターバル制度と…
同一労働同一賃金について企業側の対応
同一労働同一賃金が話題になっていますが、企業側は具体的に何をすればいいのでしょうか。
両立支援等助成金について
両立支援等助成金とはどんな助成金なのでしょうか?男性労働者が育児休業を取得するともらえると聞いたのですが・・・。
リカレント教育への取組で、教育訓練給付金が変わったのですか?
リカレント教育への取組で、教育訓練給付金が変わったのですか?
従業員を会社都合で退職させると助成金が受けられなくなるって本当?
現在雇用関係の助成金申請を検討しているのですが、会社都合の退職があると助成金が受けられなくなるって本当ですか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。